無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

#4 ほろ酔い気分
あなた

ふえ...?

モトキ
オレだって...男だよ...?
酔っていても分かるような

真剣な顔をしていた...


そんな見たことない顔に

私は少しドキッとした。
あなた

...////

モトキ
...可愛い...////ボソ
モトキは私に顔を近づけてきた。


私はすかさず目をそっと閉じた...
















それと同時に

私の唇には

生暖かい感触が

伝わってきた。



















ガチャッ...
モトキ
!?
あなた

ッ...ん...?//

マサイ
...大丈夫か?
モトキ
あ、うん!酔ってるだけ...
あなた

へへ~...マサイ...

マサイ
お、おう...///
モトキ
...あ、片付け...
マサイ
あ~もう終わった
モトキ
ほんと!?ごめん...
マサイ
いやいや、全然いいけどさ...
てか...あなた大丈夫かよw
モトキ
もう...やばいw
マサイ
ふ~ん...
あなた

ん~...へへ~...

マサイ
ッ...なんか...やばい...よな//
モトキ
ね...///
マサイ
..ごめ...無理だわ
あなた

...んっ...?////

マサイはその一言を発すると
















マサイは私の口にキスをし


舌をねじ入れた。