第9話

9話
565
2022/07/14 12:47
目が覚めるとまた同じ部屋に連れられていた。
前のよりも体の痛みが酷く、動くことすらできなかった
あなた
この繰り返しで私は死んでいくのかな…
私はそう呟いて部屋の天井を見つめた。
あなた
このまま、ここに居ても何も変わらない…
私はそう思って、ズキズキと痛む体を無理に動かした。
あなた
痛ッ
その痛みは人生で一番辛かった。
あなた
とにかく、ここから出ないと
私は、そんな状態で宇宙人に見つからないように出口を探した。
あなた
はぁ…はぁ…
あなた
体が痛くて…思うように動かない…
バタッ
そう思った瞬間、私は膝から崩れ落ちた。
ブクブク
すると、何だか変な音が聞こえた。
恐る恐る横を見ると
あなた
す、水槽…
そこには円柱の水槽のようなものに何かの生き物が入っている姿…
生きていないはずなのに…
私はそう思い、ゆっくり立ち上がり前に進もうとした。
すると…
???
またどこかで会えるのを楽しみにしていますよ
あなた
ッ!?…
誰もいないはずなのに声が聞こえた。
私は驚いて水槽の方を向く
だけど、さっきの状態から何も変わっていない
あなた
とうとう、幻聴まで聞こえるなんて…
私は気味悪くなり急いでここから離れようとした。
???
いつかお迎えに向かいますよフフッ
.







.








.









.
あれから、だいぶ出口を探している。
そして、とうとう出口を見つけ出すことができた。
外は暗く、雲がかかっている。
チアキはもうこの世にいないのだろうか…
私はこれで死ぬのだろうか…
そんなことが頭の中をグルグル回っている。
だけど…
あなた
ずっとここで苦しい実験をされるのなら死んだほうがいい
私は、決心して自ら飛び降りた。