第8話

8話
656
2022/06/25 00:38
エイリアン
2人を逃がすな!
至るところから宇宙人が追いかけてくる。
チアキ
まずい!…
すると、チアキはおいてあった腕時計のようなもので宇宙人に攻撃した。
そして、宇宙人は全員倒れた。
チアキ
これ、何かよくわかんないけどとりあえず持っていくっしょ!…
あなた
うん!…
チアキ
あっ!…あなたあそこ!…
あなた
えっ!?…
チアキ
出口みたいなところがあるっしょ!…
あなた
ほ、本当だ!…
チアキ
とにかく、あそこに行くっしょ!…
すると…
エイリアン
おい!待て!
別の宇宙人が後ろから追いかけてくる。
チアキ
あなた!…突っ走るっしょ!…
あなた
うん!…
私たちは全速力で走った。
けど、その時だった
あなた
ゔッ!?…
また謎の痛みが胸に走る。
私は耐えきれず止まってしまった。
チアキ
あなた!?…
あなた
私は…大丈夫…だから!…
そして、止めていた足をゆっくりと動かす。
エイリアン
片方は弱っているぞ!
エイリアン
もう片方を取り押さえろ!
そして、私はなんとか出口のような場所についた。
私たちは扉を開けようとした。
チアキ
開かない!?…
あなた
はぁ…はぁ…急がないと…
中々開かなかったがなんとかチアキが開けることができた。
チアキ
開いたっしょ!…
でも、その時には宇宙人はとっくに近くにいた。
チアキ
降りよう…
私たちは死ぬ覚悟でそこから飛び降りた。





.








.











.
でも、それは違かった。
ガシッ
チアキ
あなた!!
チアキは私の名前を叫んで落ちていった。
あなた
ッ!?…
エイリアン
捕まえたぞ
けど私は、宇宙人に捕まり逃げることができなかった。
エイリアン
片方は捕まえることができなかったが
エイリアン
こいつだけいれば十分だ
エイリアン
お前は
エイリアン
たった1人の実験に成功したものだからな
そんなことを言われたとき私は思った。
他の実験台にもされるのだろうと
そう思った瞬間
チクッ
あなた
!?…
バタッ
私は、何かの薬をうたれて倒れた。
エイリアン
お前にはまだ実験を手伝ってもらわないと困るのだ