無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

感謝&本編です!!!!!!!!!!
皆様、本当にありがとうございます❤️
《初恋を教えてくれたのは君でした》の閲覧数が30を超えました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



正直、何書いているのか自分でも分からなくなる時もあるのですが



こうしてたくさんの方々に見てもらえていることが



ホントに励みになります!!!!!!!!!!
これからも、応援お願いします🙇‍♀️
では、本編どうぞ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今私はどこかもわからない場所にいて


その場所で爆睡しています


え何でそんな場所にいるかって?







その訳は、今日の朝に遡る














準備が完了して玄関でこうきを待っていると
ピロンッ
ラ〇ンがきた



ラ〇ン
今川こうき
今川こうき
ごめん、風邪😷ひいた……
ぇぇええええっ!
山名 ゆず
山名 ゆず
うそ、大丈夫なの!?
今川こうき
今川こうき
うん、お母さんが一緒に居るって言ってくれてるから
今川こうき
今川こうき
あ、今日は休むわ
山名 ゆず
山名 ゆず
分かった、お大事にね
今川こうき
今川こうき
ちゃんと学校に行ける?
今川こうき
今川こうき
心配だよ
山名 ゆず
山名 ゆず
……………頑張るわ
確かに私は極度の方向音痴だ



迷子になったらどうしよう
そんなことを考えながら、私は家を出た











そして案の定
山名 ゆず
山名 ゆず
迷子……
どこよ、ここ、、、、、、







思った通りと言っていいのか、、、


こうきの心配が的中し


迷子になっている私





そんなに離れた場所に来ちゃったかな






いや、私の足でそんな遠くに行くことは出来ないはず




もしかしたら、来たことがある場所かも
そう思い、周りをよく見るけれど、周りの建物や景色に見覚えなんてない



こんなふうにしていると、昔を思い出す..........
あの時も1人だったっけ............
山名 ゆず
山名 ゆず
うっっっ...........
涙がこみ上げそうになった時
〜♪~♪~♪~♪~
山名 ゆず
山名 ゆず
スマホ........
着メロが流れている
とりあえず電話に出てみると
最上 あやと
最上 あやと
もしもし、ゆず?今どこ?
山名 ゆず
山名 ゆず
っっっっ!!!!
優しいあやとの声を聞いて



安心したからか



私の涙腺は一気に緩んだ
最上 あやと
最上 あやと
え、ええ?ちょ、ちょっとどうしたの??なんで泣いてるの???
山名 ゆず
山名 ゆず
まっ、迷子っっに......な、なった...........
最上 あやと
最上 あやと
え、迷子!?迷子って………
最上 あやと
最上 あやと
…………そこの住所調べて送ってよ。迎えに行くから
最上 あやと
最上 あやと
あと、その場所から絶対動いたらダメだからね
山名 ゆず
山名 ゆず
うん( ノД`)
住所調べて送る←適当...すみません🙇‍♀️



あれ、そういえば

「そっちに行く」

って言ってたけど学校は.......?






ま、いいや←(作者)いいのかよ





あ、なんか安心したからか泣いたからかわかんないけど、なんか眠気が...............



ん、近くのバスの停留所にベンチがある


あやとが来てくれるまでそこで寝ていよう........
そうして私は眠り😴についたのだった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

yucchan
yucchan
頑張るので応援お願いします! 感想、お待ちしてます!お気に入り登録お願いします!目指せ閲覧数200越え!!!!
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る