無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

742
2018/11/03

第13話

〜保留〜
あなた
ちょっと待って…
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
うん。急いで返事しなくて良いよ。
あなた
う、うん…
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
えっと、今までどうりに話そ。
あなた
うん!そうだね!
そう言うと、あなたとシゲアキは、教室に戻った。
小山慶一郎
小山慶一郎
シゲ!どこ居たの?
そう小山が話しかけて来た。
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
えっ…トイレに行ったんだよ。
小山慶一郎
小山慶一郎
そうなんだ!
長かったね。
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
ww
増田貴久
増田貴久
シゲ、あの子が話しあるって。
その子は、さっきの男の子だった。
クラスの男子
あ、良いですか?
トイレの前で、2人は話した。
クラスの男子
あの、本当に邪魔しないでください。
あなたは、初恋の人だから…
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
ごめんね。でも忘れてって、言ってたじゃん。
俺には、あなたしか考えられないから。
クラスの男子
う…
その後も、5分ぐらい話していた。