無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

19HR
ハルトside
アサヒ
アサヒ
ね、あの子...起きた
ハルト
ハルト
え?


朝食を取っていた時、アサヒヒョンが慌ただしく入って来たかと思えば…

アサヒヒョンもあの子の事気になってたんだな…って、いやいやそれどころじゃない。






ガタッッ!!!






いっせいに立ち上がる
みんな、考える事は一緒みたい






.








.








あの子を連れて来てから丸3日
あの子は起きなかった

ジョンウとジュンギュヒョンは死んでんじゃないかとかわけわからん事で騒いでいて…

起きた…起きた…?
本当に…?






ジョンウ
ジョンウ
ちよ、ジュンギュヒョンじゃま!!
ジュンギュ
ジュンギュ
だまらっしゃい!!!年下は年上に道を譲りなさい!!
ジフン
ジフン
そうだそうだ~というわけでジュンギュは俺に道を譲るんだよ
ジュンギュ
ジュンギュ
断る!!!
ジェヒョク
ジェヒョク
お先に~
ジュンギュ
ジュンギュ
え、あ、ちょっ!
ハルト
ハルト
邪魔ですヒョン
ジュンギュ
ジュンギュ
すみませんって俺年上...
ドヨン
ドヨン
ヒャッホーイ☆
ヨシノリ
ヨシノリ
いぇーい!
ユンビン
ユンビン
お先ー
ジョンウ
ジョンウ
え、ちょ、みんな、え??
ハルト
ハルト
うるさい!



ガヤガヤうるさいメンバー達にピシャリと言い放てば、ピタッと静かになる



ヒョンソク
ヒョンソク
え、ちょ、なに?



部屋の前まで来たはいいものの足が少しすくんだから、我らが最年長を前に押し出す


ヒョンソク
ヒョンソク
え、ちょ、俺...?
ハルト
ハルト
ファイティン
ヒョンソク
ヒョンソク
えっと...初めまして


おいまじかよ
女の子は綺麗な顔を歪めてヒョンソギヒョンを凝視している


ハルト
ハルト
どいて!ヒョン邪魔です!
ヒョンソク
ヒョンソク
あ、ちょっ、ルト!
ハルト
ハルト
おはよ、気分はどう?俺ハルト



緊張してるらしく、早口でまくしたてる俺。
…を、後ろでバカにしてるジョンウ
よし、あとで〆よう





あなた

...イケメン




聞こえるか聞こえないかくらいの声でそう呟く女の子


ハルト
ハルト
ハルトだよ




そう優しく伝えるも、再び黙り込んでしまう
どうしよう…

ハルト
ハルト
その...体調は?大丈夫?
あなた

...

ハルト
ハルト
あの日のこと、覚えてない?
あなた

...




全く答えてくれない…
心なしかこちらを睨んでいるようにも見える

ハルト
ハルト
ジェヒョギヒョン、パス...
ジェヒョク
ジェヒョク
はいね

人に…女の子に睨まれたのは初めてで、流石に凹む。
頼むよ、ジェヒョギヒョン