無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9HYside


ハルトとジェヒョクが連れてきたのは、どう見ても猫なんかじゃなくて…

弟2人は日本から来たイケメンと韓国のイケメンに撃沈
ここは最年長である俺がガツンと!


ジェヒョク
ジェヒョク
猫ですよね?ヒョンソギヒョン??
ヒョンソク
ヒョンソク
猫以外の何者でもないな!
ジェヒョク
ジェヒョク
ですよね~



……しっかりしろ、俺


ヒョンソク
ヒョンソク
...話がある


真剣な表情をして、2人にそう告げる
ドヨンとジュンギュ、ジョンファンと俺たち以外はみんなスタジオに行ってるから、今しかないんだ


ドヨン
ドヨン
...ヒョン、
ヒョンソク
ヒョンソク
みんな帰ってきたら知らせて
ドヨン
ドヨン
わかった



何も言わずについてくるハルトとジェヒョク。
俺たちは宿舎のとある場所へ向かう


ジェヒョク
ジェヒョク
こんなとこに部屋があったの
ハルト
ハルト
...
ヒョンソク
ヒョンソク
誰にも内緒にしてた。




俺しか知らない部屋
知らないというか、入れないというか…

その部屋は他の部屋に比べて狭いから、物置とかに使おうと思ったけど。
…弟達が好き勝手使うのもあれだし、物置なんかにしたら絶対この部屋が汚くなるのが目に見えてるから、鍵を持ってる俺しか入れないんだ


ハルト
ハルト
うっ...埃っぽい...
ヒョンソク
ヒョンソク
我慢して
ジェヒョク
ジェヒョク
ヒョンソギヒョン珍しく最年長モード?
ヒョンソク
ヒョンソク
そりゃあね
ハルト
ハルト
えー俺説教やだぁー
ジェヒョク
ジェヒョク
俺もやだぁー
ヒョンソク
ヒョンソク
やだぁって…で、誰なの?その子



目をウルウルさせる2人に、一瞬怯んだけれど…
真顔を保って聞けば、急に黙り込んだ


ハルト
ハルト
........拾いました
ヒョンソク
ヒョンソク
どこで?
ハルト
ハルト
路地裏
ヒョンソク
ヒョンソク
はぁ?...ホームレス?
ジェヒョク
ジェヒョク
女の子が?1人で?
ヒョンソク
ヒョンソク
......家出?
ハルト
ハルト
たぶん...
ヒョンソク
ヒョンソク
返さないと、家に
ハルト
ハルト
...
ジェヒョク
ジェヒョク
...
ヒョンソク
ヒョンソク
ジェヒョク
ジェヒョク
ヒョンソギヒョン、ちょっといい?
ヒョンソク
ヒョンソク
あー、うん



急にまた黙ったかと思えば、ハルトが抱き抱えてるその子の腕を優しく持ち上げるジェヒョク

何故だろう、この嫌な胸騒ぎは。


あなた

...




ジェヒョクに腕を持ち上げられても、目を覚ます様子が微塵もない女の子



ヒョンソク
ヒョンソク
その子生きてる...?
ハルト
ハルト
たぶん
ヒョンソク
ヒョンソク
え“....
ジェヒョク
ジェヒョク
生きてるけどだいぶ衰弱してる
ヒョンソク
ヒョンソク
なら病院に...
ジェヒョク
ジェヒョク
その事も説明するから、まずこれ…見て


そう言って持ち上げた女の子の腕にかかってるハルトのコートをまくるジェヒョク
そこにあったのは…


ヒョンソク
ヒョンソク
え...?