無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

17 JHWside
ジョンファンside




ハルトヒョンの後に続いて開かずの部屋に入る。
中は少し埃臭いけど、ヒョン達が掃除したおかげか綺麗だった


ジョンファン
ジョンファン
うわ...



ベットの中で静かに横になっている女の子。
近付いてみると、その綺麗な寝顔に見惚れてしまいそうだった…


マシホ
マシホ
綺麗...



隣でマシホヒョンが呟く
うん、すごく綺麗

白く透き通った肌に長い睫毛。
真っ赤な唇にスッと通った鼻。
こんな綺麗な人を未だ見た事がなかった


ハルト
ハルト
...



静かに見つめてるハルトヒョン

ジェヒョギヒョンが言うにはヒョンが最初に見つけたんだよね?
この子も、この子に刻まれた傷痕も。


今は布団で隠れているけど、ヒョン達が言うには本当に痛々しい痕らしい
こんな綺麗な肌に痕なんて…



ジョンファン
ジョンファン
名前何て言うんだろ...




この子の名前を呼んで、抱き締めてあげたくなった
大丈夫だよ、って。辛かったね、って。

この子に何があったのかまだ誰も真相を知らないけど、絶対辛かったに決まってる


ハルト
ハルト
目が覚めたら...どうなるのかな?



ハルトヒョンもポツリと呟く


マシホ
マシホ
何歳なのかな?
ジョンファン
ジョンファン
もしかしたらヌナなのかな?
ハルト
ハルト
んー、同い年くらいかな?
マシホ
マシホ
大人っぽいよね、ここまで綺麗だと
ジョンファン
ジョンファン
ヒョンより年上だったりして
マシホ
マシホ
それはないでしょ




この子の名前は?
この子の歳は?
好きな食べ物は?
嫌いな食べ物は?

この子に対して知らないことが多すぎるからこそどんどんこの子に対して興味が湧いてくる…
早く起きないかな…?

僕はメンバーの中で1番年下だからこの子が僕より年下なら妹が…できるのかな?

できたら、いいな