無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

ハルト
ハルト
あの...大丈夫ですか?


朦朧としてきた意識の中、聞こえてきた声
だれ?夢?

あなた

ん...



残りの力を振り絞って顔を上げる
そこにいたのは…



あなた

...天使だ.....

ハルト
ハルト
は?




怪訝な顔をする天使。
そうだ、迎えが来たんだ
絶対そうだよ

こんなに顔の整った人は天使に違いない

そう思うとすごく安心した
やっと楽になれるんだもん


あなた

待ってた...早くッ....早くつれていってください




ボロボロと涙が溢れ出す

やっと、やっとだ。
やっと解放されるんだ!自由になれるんだ!
早く…早く…!!!





あなた

早く.....逝きたいの







あぁ、これで私はやっと、自由になる