無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

ハルトside
.

いつもと変わらない日常のはずだった

ハルト
ハルト
ジェヒョギヒョン、コンビニ行きましょ
ジェヒョク
ジェヒョク
外、雪だよ??
ハルト
ハルト
ココア買いたいんです。ヒョンの分も買うから



別にいいのに、なんて苦笑いするヒョン
読んでいた雑誌を置いて、出掛ける準備をしてくれる



ジェヒョク
ジェヒョク
ちょっとコンビニ行ってきます!
ヒョンソク
ヒョンソク
気をつけてな
ジュンギュ
ジュンギュ
えっ、ルト!俺の分も買ってきて!
ハルト
ハルト
.....
ジュンギュ
ジュンギュ
なんでもないです、無言やめて...
ハルト
ハルト
行きましょ、ヒョン
ジェヒョク
ジェヒョク
はいはい



優しく微笑むジェヒョギヒョン
寂しそうにこちらを見つめるジュンギュヒョンを横目に、大雪の中、外へ出てきた




.





.





.




ジェヒョク
ジェヒョク
ルトってほんと素直じゃないよね
ハルト
ハルト
なんでですか?
ジェヒョク
ジェヒョク
そのココア...メンバーみんなの分でしょ?
ハルト
ハルト
.....違います
ジェヒョク
ジェヒョク
素直じゃないなぁ
ハルト
ハルト
寒いです。早く帰りましょ
ジェヒョク
ジェヒョク
はいはい



面白そうにクスクス笑うジェヒョギヒョンと目的のココアを買って、帰路につく。
いつもと変わらない、日常の一コマ…
そのはずだったんだよ




.







.







雪が降り積もる中、一人でうずくまってるあなたと出会うまでは。