無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3HRside
ハルトside




俺らしくないな…


近付いてみたはいいものの、ふとそう感じてしまう。
自分でも、なぜこんなに妙な胸騒ぎがするか分からない

ただ、よくわかんないけど、思ったんだよ
このナニかを見つけた時、絶対に見捨てたらダメだって。

知らないふりをして通り過ぎたら、この後絶対に後悔するって。


…よく分からないけど。





ジェヒョク
ジェヒョク
ルト、




ジェヒョギヒョンの声で我に帰る。
そして、目の前にあるナニかを見つめる

どう見てもソレは、うずくまってる人間で…


ハルト
ハルト
...大丈夫ですか?


ピクッと動く。
…女の子?


ハルト
ハルト
...生きてる?



恐る恐るもう一声かけて見る
これでおっさんだったら逃げてやろうかな


あなた

ん.....




顔を上げるナニか。

ソレは正真正銘、どこから見たって人間の女の子で…

ただ、その子が顔を上げた時、俺とジェヒョギヒョンが動けなかったのは、ゾッとするほど、その子が美しかったから。