無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

23JK
ジュンギュside
あなた

触るな!!!!!



そう言ってジェヒョクを突き飛ばす女の子
その様子は怒っているというよりも、ただただジェヒョクが近付いた事に対して酷く怯えているように見えた

そして、もう一つ。




ジェヒョクを突き飛ばした時に見えた、彼女の手首についた痛々しい痣。
ハルト達から話は聞いていたけれど、少し離れた所からしっかりと見えてしまうほど、その痣は酷くて…

掃除してる時に気になって見てみたいと思ったけど、ずっとハルトが抱き抱えてるから見れなかったんだ








周りにいるメンバーにも見えたらしく、みんな、女の子の痣と、ジェヒョクが突き飛ばされた事に対してすごく動揺してる


え、てか、この空気どうなの!?
ここでまた僕にふったりしないよね?

オロオロして後ろにいるユンビナに叩かれるのも嫌だから、とりあえずジョンウの後ろに隠れる事にした…その時だった。



ハルト
ハルト
...




大きく手を振りかざすハルト


ジュンギュ
ジュンギュ
ルト!!やめろ!

女の子も僕も、ギユッッと目を瞑る…






.







.







あれ?
何も聞こえない…

恐る恐る目を開ける
僕の目には、ハルトが女の子を抱きしめている光景が映っているのだった