無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

27


部屋を出て廊下に出る

あなた

...なにこれ



廊下の壁に貼ってある紙






リビング→
キッチン、食卓→
←トイレ
←風呂場







ご丁寧にどうも。
きっとこの字はジェヒョクではない

雑な字を見つめ、ご飯のありそうなキッチンへと向かった






.






.






あなた

...





こちらキッチン!と書かれたドアを開けた途端に絶句する


あなた

..汚い




いかにも掃除がしてなさそうな汚い部屋
いやまぁ、綺麗にしようとした痕跡や、所々綺麗な所はあるけれど…


あなた

...仕方ない




掃除、するしかない
お腹はとてつもなくぺこぺこだけど、こんな汚い部屋の中で食べたらご飯が不味くなるからね








.







.






あなた

天才かも、私



一人で呟く
いや、うん、本当に天才かもしれない

だってほら、床がキラキラしてる
水拭きまでした甲斐があった

あなた

ご飯




当初の目的を思い出す私。
でも…



風呂場…どこ?



汗でベタベタ…
風呂場、使っていいんだよね?

というより、私はあの日からずっとお風呂入ってないんだよね?






.






あなた

...ぅげ、



嗅がなきゃ良かった
女性としてあるまじき匂いがする


私は黙って、風呂場に向かうのであった