無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

16
ハルト
ハルト
終わった?


ハルトが不安そうに、奥の部屋から出てくる


ジェヒョク
ジェヒョク
うん、みんな承諾してくれたよ
ハルト
ハルト
そっか...ありがとうございました



ジェヒョギヒョンと一緒に微笑めば、あからさまにホッと胸をなでおろす
3人でもう一度、微笑みあった






.





.






ジョンウ
ジョンウ
ルト~ところでその同居人さんは??


ジョンウが恐る恐る手を上げれば、ケロッとしたハルトが、部屋で寝てるよ?と答えた


ユンビン
ユンビン
部屋?
ハルト
ハルト
開かずの間ですよ
ジョンウ
ジョンウ
あそこって開くの!?
ハルト
ハルト
開けたの
ヨシノリ
ヨシノリ
でも、ずっと使ってなかったなら汚くない?
ハルト
ハルト
掃除したから大丈夫ですよ
ジフン
ジフン
おぉ~さすがルト!!
ハルト
ハルト
まぁね~



胸を張るハルト
そんな彼に、物申す者が1人…


ジュンギュ
ジュンギュ
何が"まぁね~"なの!?掃除したの僕たちなんだけど…!!
ドヨン
ドヨン
疲れた...
ジェヒョク
ジェヒョク
二人ともお疲れさま
ヒョンソク
ヒョンソク
お疲れ~
ジュンギュ
ジュンギュ
聞いてよヒョン、ジェヒョガ!!いきなりハルトが"5分で掃除。お願いします"って!!



プンスカと怒るジュンギュ
ジェヒョクと俺で、まぁまぁ落ち着け!となんとか宥める


ジェヒョク
ジェヒョク
ご飯にしようか?
ジュンギュ
ジュンギュ
わーい!!
(いや、どっちが年上よ)



ご機嫌取り、成功です
でも、その後ろでふわりと微笑む…ハルト

ハルト
ハルト
俺、今日はいらないです。
ジェヒョク
ジェヒョク
あの子の部屋に行くの?
ハルト
ハルト
はい
ジョンウ
ジョンウ
俺も生きたーい!!
ハルト
ハルト
えー、ジョンウうるさいからやだ。
ジョンウ
ジョンウ
ダメじゃなくてヤダ!?ひどい!!
マシホ
マシホ
僕もいきたいな。
ジョンファン
ジョンファン
僕も...
ハルト
ハルト
いーよ、いこ
ジョンウ
ジョンウ
ひどいっ、!!!



わーわーと喚くジョンウを引き連れて、あの子の部屋へと向かうのであった