無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

22HY
あなた

触るな!!!!!



女の子の声と共に顔を歪めて離れるジェヒョク

ヒョンソク
ヒョンソク
ジェヒョガ!大丈夫か!?
ジェヒョク
ジェヒョク
平気です



後ろにいる弟達も唖然としている
そりゃそうだろう、あのジェヒョクが叩かれた
(正確に言えば突き飛ばされた、かな?)

ジェヒョクのあの話で、その場にいた全員が最初より警戒心が薄れたと思ったはず
恐らくジェヒョク自身も、それを試す為に熱を測ろうとした…


あなた

...


ジスをキッと睨みつける女の子
だけど、どこか様子がおかしいんだ


…怯えてるのか?
彼女はベットの端へと寄ってこちらを睨みつけているけれどその小さな体は、震えている


.