無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

65
2020/08/30

第4話

‪‪𓂃 3






突然目を手で覆われる





けど私には誰だか直ぐに分かる




you
   テヒョンでしょ   
テヒョン
   んふ 、 当たり   






こいつはテヒョン 。





小学生の時からの仲だけど





まさか高校まで被るとは 笑









テヒョン
   お前俺と同じクラスで良かったな   
テヒョン
   俺居なかったら今頃泣いてたんじゃね    
you
   別に1人でも大丈夫だし   
you
   ちゃんと友達作るもん … 多分   
テヒョン
   その多分信用出来ないんだけど ㅋㅋ   






👨🏻‍🏫『 1年生 ~ 体育館に移動して下さ~い 』




テヒョン
   お、行くか   
you
   待って一緒に行こ   
テヒョン
   しゃーねーな   
テヒョン
   じゃ~ 明日はパフェで   
you
   もちろん自分で払うんだよね   
テヒョン
   体育館1人で行きたいの ?   
you
   分かった分かった明日ね   
テヒョン
   ちょろ   
you
   なんか言った ?   
テヒョン
   何も   











ジョングクまだ?って人





やっと次出てくるよ ^_^