第10話

544
2019/04/04 01:11
リクエスト来ないからいいもん、自分で話考えたもん(
本格的に私はちゃんとした仕事を始めた
「いってきまーす」
そ「今日何時に帰ってくる?」
「会社の飲み会あるから、、、、12時くらいかなぁ」
そ「男には気をつけること!飲みすぎないこと!約束!迎えに行くから!」
「ありがとう!気をつけるね!いってきまーす」













「そらは心配性だからなぁ、、、」
👩‍💻「そらって彼氏さんだっけ」
「あー、はいそうですw」
👩‍💻「心配性なんていいじゃない、私の方はもう放置よw」
「それもそれで嫌ですねー、w」
👩‍💻「ところでさ!あなたさんの彼氏の写真見せてよ!」
「あー、いいですよー」
「こいつですw」
👩‍💻「えーめっちゃイケメンじゃん!いいなぁ」
👱‍♀️「わーあなたさんの彼氏さんですかー?」
「そうですw」
👱‍♀️「アバンティーズのそらちぃ、でしたっけ」
「あ、そらのこと知ってるんですか?」
👱‍♀️「たまに見てますよー」
👩‍💻「そんな有名人なんだ!まぁこんなイケメンなら有名になるわなw」
👱‍♀️「今度飲み会連れてきてくださいよw」
「頼んでみる?w」








👱‍♀️「あなたさん!!あの、おねがい、聞いて貰えますか、?」
「いいですよーなんですか?」
👱‍♀️「そらちぃくんのなんかオフショットみたいなの見せてもらえない?」
「あるかなぁ、、、」
「あ、これとか?」
「あ、これも」
👱‍♀️「2枚目はエイジくんもw」
「そうそうwなんか写ってたw」
「てかタメではなそw」
👱‍♀️「え、いいんですか」
「うんw👱‍♀️ちゃんと話あうしw」
👱‍♀️「じゃあ、遠慮なくw」
「じゃあ飲み会まであとちょっとだしぱぱっと仕事片付けちゃいますかー」
👱‍♀️「だね!」








かんぱーい!みんな
「ぷはぁ、、おいしー」
👩‍💻「おぉっあなたさんいい飲みっぷり!w」
「えへへ、久々でw」
👱‍♀️「えーそらちぃくんと飲まないのー?」
「アバ全員と飲むから私はあんま飲まないかなぁ、」
とまぁ色々とあり、
👱‍♀️「あなたちゃんばいばーいっ」
「おつかれさまれしたぁー」



ピロリン
そら
そら
終わった?
あなた

うん終わったー

そら
そら
駅で待ってるからおいで
あなた

(-ω-ゞラジャ⌒☆








「そらどこかなぁ?」
そ「おーいあなた〜」
「そらぁー」
そ「楽しかった?」
「うんっ!でもやっぱそらいないと寂しいや」
そ「家帰ったらまた飲む?w」
「それはさすがにこわれちゃうよぉ?///」
そ(こりゃ相当酔ってるな)





「たらいまぁ」
そ「水持ってくるから待ってろ」
「やだぁ、そばにいて、?」
そ「大丈夫だから、ね?」
「うぅ、、」





そ「ほら水、!?」
「んぁ、?そらどしたのぉ?」
そ「なんで脱いでんの」
「暑いからだよぉ」
そ「そんなのさ、」


そ「誘ってるようにしか見えないんだけど?」
「ふぇ?」
そ「俺だって結構我慢してるんだよ?あなたが可愛すぎるから」
「可愛くない、もん、」
そ「可愛くなかったら今付き合ってないでしょ」
「…とりあえずもう寝るの、」
そ「逃がさないよ?」

そ「今日は寝かさないから」




「ぁ、っそら、っイく、イッちゃうぅ、っ」
そ「ん」
「そらっ、なんでイかせてくれないのぉっ?」
そ「指でイカれたくない」
「じゃあそらのちょーだいっ?」
そ「まだだめw」
「そんなぁっ」






そ「うわ、お前が潮吹いてんじゃん」
「へ、、?」
そ「かわいwでも布団濡らしちゃったからなぁ、どーしてくれんの?」
「ごめん、なさい、、、」
そ「まぁ俺を気持ちよくさせれたら許す」
「ふぁい//」
そ「ん、舐めて」
「ん、ジュルジュボ…」





そ「っ、出るっ、挿れるから、」
「んあぁっ♡おっきいよぉっ♡あなたおかしくなっちゃう♡」
そ「おかしくなれ、よっ」
「んひゃぁ♡そこっ、もっとぉっ♡」
そ「出す、よ?」
「はいぃ♡」




「んへへ、私のナカにそらのせーえきいっぱい出たね♡」
「そのうちそらと結婚して子供欲しいなぁ、、」
そ「それがお前の夢?」
「うん」
そ「じゃあ俺が全力で叶えてやるよ」
「ほん、と、?」
そ「おう」
「じゃあそらが子供に取られないように頑張らないとじゃん」
そ「多分俺のイケメンなとことあなたのかわいいとこが合わさるからめっちゃ整ってる子が生まれるな」
「まぁ、そう、かもね、w」

プリ小説オーディオドラマ