無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

転生
志保たんとお買い物きたよーん!
しほたん
ねぇー今日七夕でしょー?
貴方
そうだっけ?
私は忙しいんだ。
しほたん
なんでよ…
貴方
まずー…
朝起きたら部屋のタペストリーその他ポスター等全てにおはようと声をかける。
その後部屋の缶バッジその他キーホルダーを眺める。ここまで1時間。
しほたん
長すぎ!
貴方
その後朝食を食べて写真を覗く。
写真覗いてたらもうお昼。
お昼はコンビニでちゃっちゃと買う。
しほたん
そこはコンビニなんだ…
貴方
昼食を食べ終わったら
部屋に引きこもりアニメイッキ見。
そして夕食を食べて…
風呂に入り歯を磨き部屋に引きこもり
アニメイッキ見。
寝る時もタペストリーその他ポスター等全てにおやすみと声をかける。
その後就寝。
しほたん
うん。やっぱあんたキモイよ。
貴方
しほぉーー!
友達になんて事言いやがるぅーー!
しほたん
別にどうでもいい笑
貴方
もうダメだ…
トイレ行ってくる笑
しほたん
いってらー
その後用を足しトイレを流したら
なんか(✧д✧)キラーんって光ったんだ。

そんで起きたら平原にいて
目の前に巨人がいたんだー!

なんでナイフなんか持ってんだ?
巨人ってことはここ進撃の世界?!
貴方
待てよ…という事はエレンたんやミカサたんやアルミンたん、ジンジャーエールジャン
へーちょーに会えるという事か?!
貴方
だったら全力でこいつ倒して
今すぐ訓練兵入団だァー!
貴方
なんか体軽いんだよねー。
今立体機動ないからワンチャン
ジャンプで届くんじゃね?
思いっきりジャンプしたお
貴方
届いたぜ!
その時調査兵団はちょうど壁外調査の頃だった。
リヴァイへーちょー
リヴァイへーちょー
赤い煙弾を確認。巨人がいるぞ。
エルヴィンどうする?
エルヴィンだんちょー
エルヴィンだんちょー
壁まで逃げ切る方が早い。
前身する!!
エルヴィンだんちょー
エルヴィンだんちょー
っ!巨人が倒れた?
リヴァイへーちょー
リヴァイへーちょー
俺が見てくる。
エルヴィンだんちょー
エルヴィンだんちょー
待て!危険だ!
へーちょーはそのまま突っ走っていった
リヴァイへーちょー
リヴァイへーちょー
おい…。
お前なんで壁外にいる?
貴方
へ、へーちょーだァーー!
生へーちょーカッコよすぎるだろ。
今なら死ねます。殺したいなら
殺してください。喜びますよ。
貴方
はっ!何言ってんだ私。
んじゃ!しょうゆうことでー!
リヴァイへーちょー
リヴァイへーちょー
あ、おいっ!待て!
エルヴィンだんちょー
エルヴィンだんちょー
リヴァイ!
追うな。多分追いつけん。
速い。
貴方
これって壁突っ走れるかな…?
やってみよっ!
私は勢いよく壁に向かって駆け出した。
貴方
うぉっ!できた!
いぇーーい!
ハンジさぁーん
ハンジさぁーん
ねぇ…あの子立体機動装置使ってないよ?