無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

だんちょ怖い
んでー、その後なんやかんやあって
私はへいちょーとだんちょーに話聞かれてる。

エルヴィンだんちょー
エルヴィンだんちょー
君名前は?
貴方
あなた・ハナキでっす!
リヴァイへーちょー
リヴァイへーちょー
壁外に行ったことはあるか?
貴方
へ、壁外?!そんなあるわけないじゃないすか
へいちょー冗談はよしてくださいよ…
リヴァイへーちょー
リヴァイへーちょー
………………
エルヴィンだんちょー
エルヴィンだんちょー
君は訓練兵団の中でトップの成績だ。
ミカサ・アッカーマンも1週間で
抜かしたと聞いたがそれは本当か?
貴方
本当っすよ!
エルヴィンだんちょー
エルヴィンだんちょー
それだけ運動神経が良ければ
壁も立体機動無しで走れるんじゃ
ないのか?(*^^*)
貴方
ひっ!
だんちょー何言ってるんすか?
壁は50mもあるんっすよ?
リヴァイへーちょー
リヴァイへーちょー
お前何者なんだ
貴方
あーあー。
わかりましたよ!
言えばいいんでしょ言えば!!
貴方
信じて貰えないかもしれないっすけど
わたくぴあなたはですね…
別世界から気まちた!!
エルヴィンだんちょー
エルヴィンだんちょー
どういうことだ?
貴方
まずー。
ショッピングモールで買い物してー
トイレ流したらピカーん!って光ってー
いつのまにか平原にいてー
目の前見たら巨人がいてー
ナイフ持ってたからそれで倒してー
調査兵団に会ってー
へいちょとだんちょに会ってー
逃げ出してー
壁登ってー
人ん家の屋根で寝てー
ナンパされてー
エレンたん達に会ってー
訓練兵になってー
今この状況って訳ですよ
エルヴィンだんちょー
エルヴィンだんちょー
ショッピングモール?
ナンパ?
それはなんだ?
貴方
まぁ簡単に言うと
お店の集まりとキモイやつらに話しかけられるみたいな感じっすねー
エルヴィンだんちょー
エルヴィンだんちょー
は、はぁ…
エルヴィンだんちょー
エルヴィンだんちょー
では本題に入るg
バンッ!
ハンジさぁーん
ハンジさぁーん
すごい子がいるってホントーー?!
リヴァイへーちょー
リヴァイへーちょー
ちっ!
うるさいのがきやがった
貴方
ハンジさーん!
お久しぶりっす!
壁外の奴っす!
ハンジさぁーん
ハンジさぁーん
おぉー!君があの壁を登ってた子かー
その後ハンジさんも一緒にお話したよ!
エルヴィンだんちょー
エルヴィンだんちょー
君が知っている事もっと詳しく教えて貰っていいかな?
貴方
はいっ!
貴方
まず、この世界は漫画になってます!
エルヴィンだんちょー
エルヴィンだんちょー
漫画…?
貴方
あぁ!えっとー絵と文字が一緒になった
みたいなのです!
貴方
それで、私はその漫画が大好きで…
リヴァイへーちょー
リヴァイへーちょー
その物語は俺達の未来も
分かっているのか?
貴方
あぁ!分かってますよ!
エルヴィンだんちょー
エルヴィンだんちょー
巨人の謎は?
貴方
わかってます!
でも…知らない方がいいと思います。
もしかしたら未来が変わるかもしれないので
エルヴィンだんちょー
エルヴィンだんちょー
そうだな…
ハンジさぁーん
ハンジさぁーん
ねぇねぇ、訓練兵卒業したら
何に入るの?
貴方
もちろん調査兵団っすよ!
ハンジさぁーん
ハンジさぁーん
ホント?!
良かったァー!君凄く強いって聞いたからさ!
ハンジさぁーん
ハンジさぁーん
あっ!そういえば名前は?
貴方
あなた・ハナキっす!
ハンジさぁーん
ハンジさぁーん
そう!よろしくね!あなた!
その後皆でちょっと話して終わりまちた!
ハンジさぁーん
ハンジさぁーん
じゃあまたね!あなた!
エルヴィンだんちょー
エルヴィンだんちょー
話を聞かせてくれてありがとう。
貴方
全然っ!こちらこそ出会って下さり
誠にありがとうございまする。
リヴァイへーちょー
リヴァイへーちょー
うるせぇーな。
早く行くぞ。
ハンジさぁーん
ハンジさぁーん
全く!せっかくあなたと話してたのに!
リヴァイは強いだけだよねー
リヴァイへーちょー
リヴァイへーちょー
ちっ