無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
16
2021/10/12

第1話

ポテチさんリクエスト
ぬっし
やぁやぁ皆様こんにちは!初めましての方は初めまして!皆様ご存知ぬっしでございます!
ぬっし
今回はというか初めは〜…ポテチさんのリクエストに応えます!ほのぼのです。んじゃレッツラゴー∠( ˙-˙ )/
--------キリトリ線--------
昼食時
リアム目線

スティ「あ〜お腹空いた〜さっ食べよ食べよ!」
ステ「そうだな。食べようか。」

俺は今スティーブとステイサム看守と一緒に昼ごはんを食べている。何故こんなことになったのかと言うと━━

俺が座る席を探していると…

スティ「あ!リアム看守!一緒に食べませんか?」
ステ「そうだな。一緒に食べないか?」

と誘われて今に至る。まぁ座る席を探していたし丁度いいだろう。

スティ「…あ、リアム看守〜人参残ってますよ〜」
リ「うっ…い、いいだろう残したって。」

俺は人参が嫌いなんだ。

スティ「もしかして〜人参…嫌いなんですか?」
ステ「まぁいいだろう、残したって。それにスティーブも野菜を残してるじゃないか。」
スティ「そりゃそうだけど〜。てか兄貴もトマト残してるじゃん。」
ステ「トマトだけは嫌いなんだ。」
リ「じゃぁ俺食べますよ。」
ステ「本当か?ありがとうな。」
リ「いえ。パクッ」
スティ「じゃぁ俺は人参食べるよ〜。パクッ」
ステ「じゃぁ俺は野菜だな。パクッ」

こうして、嫌いなものはみんなで分け合う看守達なのであった。
--------キリトリ線--------
ぬっし
どうでしたか?リクエスト通りに出来てましたか?他にもリクエストくれればある程度は書きまーす!では!サラダバ!