無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

fifty-8
海のにおい。灼熱の太陽。大好きな仲間。


こんな夏休みになるなんて最高!


私たちは今海に来ています!
あなた

うわあ!海めっちゃ綺麗!

豆。
豆。
海はいろーぜ!
よな오빠
よな오빠
じゃ、着替え行こ!
あなた

え、あたしは?

白岩瑠姫
白岩瑠姫
あなたはあっちでしょ?笑
あなた

ああ!行ってきまーす!

うん。入るのはいい。とうとうこの時が来てしまった。



水着恥ずい、瑠姫先輩のは楽しみだけどね((お"い
なんか買った時より恥ずいわ


(今まであんま言ってこなかったけどあなためっちゃ可愛いので問題ございません。)
ーーーーー
その頃、
けいご
けいご
あなた、めっちゃ楽しみだわ、笑
豆。
豆。
やめろよ
つるぼー
つるぼー
正直みんな楽しみにしてるだろー
白岩瑠姫
白岩瑠姫
俺は彼女いるし笑
よな오빠
よな오빠
(楽しみにしてること黙っておこう、)