無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

twenty-5
ーーーーーー
豆。
豆。
召集かかったから、俺ら行って来るわ!
つるぼー
つるぼー
お前らちゃんと見とけよ!
あなた

はいはい笑

けいご
けいご
がんば!
ーーーーーー
あなた

おっきたきた!

よーいパン!(ごめんなさい。アナウンスめんどくて飛ばしました)
あなた

うわあ、あの人めっちゃ速いな、、でも!次は豆だから大丈夫!豆レベチだから!

けいご
けいご
そーなん?(豆いいなあ、幼なじみ羨ましい、)
そして、バトンが豆に渡った
あなた

豆いっけぇぇぇぇーー!!!

豆は笑顔を浮かべながら爽やかに走っていく
あなた

うわ、なんか豆が男子に見えるわ、

けいご
けいご
は?豆は男子だろ笑
あなた

ううん、この前まであたしがお姉ちゃんみたいだったのに、豆が変わっちゃった

けいご
けいご
あぁ、まあ高校生だしな、、(これは、あなたが豆を男として見始めたってことか、、)
豆がどんどん差を縮めて次は汐恩の番になっていた
あなた

おっ!次は汐恩だ!

汐恩はこっちに手を振っている
あなた

あいつの余裕がなんか腹立つなあ笑笑

けいご
けいご
笑笑
バトンが汐恩に渡った、相変わらず余裕そう、、
あなた

おっ、一番の人こせそう!

あなた

汐恩!!!頑張ってぇぇぇ!

そう言った瞬間汐恩のスピードが上がった気がした

そして、見事一番の人を追い越してどんどん差をつけて次の人にバトンが渡った
けいご
けいご
おぉ!かっこいい
結果、堂々一位だった
あなた

何あたしの友達脚速すぎじゃね?

つるぼー
つるぼー
だろー
あなた

おつかれさん

ーーーーーー
観戦を楽しんでいると、200メートルの召集がかかった
豆。
豆。
お前大丈夫か?いける?
あなた

うん!大丈夫!なおった!

けいご
けいご
よかった、でもキツかったらちゃんと先生とか言えよ
あなた

母親か!

つるぼー
つるぼー
気ぃつけて!俺ら見てるからな!
あなた

見らんくていいわ笑

ーこの時は余裕だった




ーーーーーー