無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

thirty-4
ー朝


なんか、体が思うように動かない、、目もなんだか重いな、、



その重いまぶたを開けると目の前にはすやすやと眠る景瑚の顔が、、、

あなた

っっ!!!

あ!!!昨日あの後寝ちゃったんだ、にしてもバカだったな、、、はかなかったぜ。オレの恋。




景瑚、、、
あなた

、、ありがと、

けいご
けいご
っ、、んんっ?、、
あ、起こしちゃう!
けいご
けいご
んー?あなた?おはよ、、、って、え!
なんでここで寝てんの⁉︎
あなた

昨日はありがとね、

けいご
けいご
あぁ、あのまま俺も寝ちゃったんだ笑笑
あなたは?大丈夫なの?ため込んじゃだめだかんな?
あなた

うん!景瑚ほんとありがと

けいご
けいご
、、、てか目すんごい腫れてる
あなた

え!うっそまじ?だからか!重くてさー朝

あなた

体も重いなーと思ったら景瑚だった笑

けいご
けいご
おい、あなた、お前なんとも思わなかったわけ?朝同じ布団で寝てたのにさ
あなた

あ、うん、確かに、なんでだろ、、笑笑景瑚なら別いいし

ー景瑚side


それって俺のこと男と思ってないからだよね?、、、
まだまだだな、、、


よし!これからは攻めるぞおおぉ!
ギュッ
けいご
けいご
⁉︎
あなた

ごめん、ちょっとぎゅーしたくなっちゃった//

けいご
けいご
おまっ、お前が言いながら照れんな////

こんなあなた今まで見たことない。か、か、、かわいい。



あぁーもう、好き。





なんだかんだ言ったけど力いっぱいあなたを抱きしめ返した。
けいご
けいご
これ、汐恩と一成に怒られるわ、
あなた

え?なんで?

けいご
けいご
お前は知らんくていいわ














ー絶対渡さない。













ーーーーーー
與那城くんの気持ちはまだだれもしらないようです、、、