無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

twenty-1
「えー今年も始まりました!プデュ高校の体育祭!今年で第○回です!みんな楽しんで!」



朝から暑い中こうしてプデュ高校の体育大会が幕をあけた
「はい!プログラム一番!二年生の200メートルリレーです!」
あなた

あっ、白岩先輩出るんじゃない?

つるぼー
つるぼー
そそ!一番最初からでなきゃって言ってた
あなた

おぉー応援しなきゃ

豆。
豆。
先輩、団違うけどね、、笑
あなた

関係ないさっ!

「ーーーーーー最後、五組目の紹介です!〇〇君、〇〇君、〇〇君、〇〇君、〇〇君、白岩瑠姫君です。」
あなた

おおぉ!先輩がんば!

けいご
けいご
アンカーやん!かっこよ!
よーいパン!
「おぉっ!五組早いっ!二組も負けていません!おっと!五組転んでしまったようです!二組がトップとなりました」
あなた

うわっ、大丈夫かな、

豆。
豆。
おっ次白岩先輩だ
「アンカーにバトンが渡ました!早い!おぉ!とうとう二組をこしてトップです!」
けいご
けいご
おぉ!
あなた

わあ、、(かっこいい///)

「1位は五組です!!最後はすごかったですね二組、惜しくも2位でした」
つるぼー
つるぼー
何お前赤くなってんだよ、
あなた

えっ、いや、赤くないわ!!!

豆.景瑚.汐恩
(まさか、、、あなた、白岩先輩を、、、)