無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第53話

fifty-2
ーーー

ポッ//




今になって昨日のこと恥ずかしくなってきた、、、




今は豆の家に来て勉強してるとこ。
どーせすぐゲーム始めるだろうけどね笑笑いつもそう
あなた

////

豆。
豆。
なんで赤くなってんの笑笑
あなた

あんたたちのせいでしょーが!

豆。
豆。
あ、昨日の?//
あなた

お前まで赤くなるな!笑笑

ーーー
一方その頃。
けいご
けいご
////
はい。こっちもでした笑
ーーー
豆。
豆。
ゲームしよーあなた
あなた

やっぱ言うと思った笑

あなた

何する?

豆。
豆。
これーニヤッ
あなた

え、やだぁぁぁぁあ!

ホラーゲームをニコニコしながら取り出した豆。
あたし苦手なの知ってるよね!?
豆。
豆。
大丈夫隣でやるでしょ?
あなた

なんでそんなニヤニヤしてんの?キモいって

豆。
豆。
はいはいやろ!
ーーー

▶︎バコッ
▶︎ガチャ
▶︎♪
短調の曲が流れててそれだけで怖い。
本当に無理なの
あなた

豆、やめよぉ

豆。
豆。
あとちょっとだけ
その時急に血だらけの女のひとが出てきた
(急なやつめっちゃ怖いよね)
あなた

いぎゃぁぁぁぁあ!

豆に飛びついて目をつむった
あなた

やめようって泣

豆。
豆。
ごめん//
謝りながら照れんなし!
あなた

まさかこれが狙いかっ!わざとあたしを怖がらせるためにっ

豆。
豆。
ごめんって
そう言ってあたしを強く抱きしめる
豆。
豆。
(ごめんねあなたもう少しこのままでいて)
豆。
豆。
大好きだよ
あなた

何急に笑あたしが泣いてるから?笑

あなた

あたしも大好き豆みたいにいい親友はいないよ

あなた

ホラーゲームは次したら許さないけどね

豆。
豆。
笑笑はーい