無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

thirty.
ーーーーー

放課後。元々は図書室でやるはずだったんだけど、まさかの、図書委員もテスト勉強しなきゃで使えないらしい、だから、豆たちの部屋でやることになった
豆.景瑚.汐恩
(あなた、俺たちは知ってるんだよ、お前が白岩先輩好きなこと、、今だってすっごい幸せそうに教えてもらってさ、
よな오빠
よな오빠
お前ら勉強会だろ?笑笑みんなずっと同じとこ見てー笑笑
豆.景瑚.汐恩
、、、やってますよ!///
よな오빠
よな오빠
はいはい笑(まあ、実は俺もなんだけどね、笑)




ーーーーーー

さっきから、先輩の距離が近くて鼓動が先輩に聞こえそう、聞こえてないよね、、、



これもあたしが男だからなんだよね、、、












ーーーーー


お久しぶりですなー(土下座🙇‍♀️
課題溜めないようにします、

短くなってごめんなさい。一回ここで切ります

まったねー!


💎💎💎