無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

fourty-9
豆。
豆。
じゃあ明日な!ばいばーい!
そう言うと走って帰って行った。
ーなんで、
なんで豆はいつも、そうやって隠しちゃうの?


苦しいことがあるんでしょ?
最近元気ないよ。
溜め込んじゃうとこ君の悪いとこだよ、


あたしを頼ってよ。
幼なじみでしょ?親友でしょ?


そう思ってるのはあたしだけなの、、、?
ーーーー



考えるより先に体が動いてた


あなた

待って!

豆を追った