無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

fourty-6
チュッ    パシャッ
あなた

、、、、、

けいご
けいご
/////
プリ機「こんなふうに撮れたよ〜」


しっかりと写ってた
あなた

はぁぁぁぁぁぁぁぁあ⁉︎

あなた

えっ//え、え!

けいご
けいご
そんな騒ぐなよ//
あなた

なにしてんの⁉︎///

けいご
けいご
聞く必要ないでしょ///
けいご
けいご
ちゅーしたんだけど?///
あなたちゃん放心状態みたいです、
けいご
けいご
ごめん。
あなた

ちょっと外行ってて

ーーーーー
んん?なにが起こったんだっけ、、、



気付いたら目の前には景瑚しか映ってなくて、






//////






景瑚と繋がった唇が熱を帯びて変な感じだった
あなた

でも、な、んで?

なんであんなこと、、、
その後出てきたプリクラはあたしたちをいっそう赤くさせた
ーーー
景瑚side

やってもうたぁ!
理由なんてなくて、ただ好きだなって思っただけで。
でも、これで少しは意識してくれるのかな、、、?
ーーー