無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

thirty-9
あなた

みんなごめん!迷惑かけて!この前も今日も、

つるぼー
つるぼー
いんだよ、俺たちは知ってんだし
けいご
けいご
それにあなたが苦しいの俺らも見てるのやだし、な?
豆。
豆。
おう、今更だろあなた笑気にしなくていいんだよ。俺らは幼なじみだしな?頼るくらいがちょうどいいの!
つるぼー
つるぼー
親友ってことで〜
あなた

涙。

けいご
けいご
おいおい笑泣くなって笑
つるぼー
つるぼー
あっちのカラオケ行っちゃう〜?
豆。
豆。
さんせー!
あなた

賛成笑

豆.景瑚.汐恩
笑笑(やっぱあなたは笑ってなきゃ)
けいご
けいご
れっつらごー!
あなた

おー!





ーその後喉が潰れるほど歌ったのは言うまでもないな笑
毎日3人のあたたかさに触れてあたしは幸せです。







温かな手を握れば傷あとさえ消える。

今君のそばにいるだけでいい。

君のもとへ i'm running

君をギュッと抱きしめて

目を閉じて時を止め囁く愛。

いつまでもこの手ずっと

離さないでよ running to you







最後にみんなで歌ったrunning は喉が痛かったのに
心は痛みが引いていく気がした。

気付けば鼻がツンとして目が熱くなって頬を濡らしていた。
あなた

ねえ、みんな、あたしね、みんなのこと
大好き。

あなた

もう心配かけない!明日からまたあたしらしく毎日楽しむもんね!覚悟してな!

豆.景瑚.汐恩
おう笑