無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

thirty-8
あなた

、、、、

白岩瑠姫
白岩瑠姫
おっ!お前らか〜テストお疲れ!
けいご
けいご
あ、お、お疲れ様でーす、
あなた

、、、、

つるぼー
つるぼー
俺やっぱ寝たいわ
豆。
豆。
、、俺も疲れたし、今日はやっぱ帰るか
けいご
けいご
はーいじゃあ今日のところは帰ろー
あなた

、、、、

白岩瑠姫
白岩瑠姫
くれん?
瑠姫の彼女
瑠姫の彼女
あ、あの、、、
つるぼー
つるぼー
はい?
瑠姫の彼女
瑠姫の彼女
瑠姫、どなた?
白岩瑠姫
白岩瑠姫
同じ高校の後輩たちだよ。かわいいでしょ
瑠姫の彼女
瑠姫の彼女
私たちと1歳しか変わらないけどね笑
どもこんにちは!スアっていいます
瑠姫の彼女
瑠姫の彼女
よろしくね!
あなた

、、、、

豆。
豆。
どもです
けいご
けいご
よろでーす
つるぼー
つるぼー
ペコリ
瑠姫の彼女
瑠姫の彼女
どうしたの?震えてるけど、、寒い?
豆。
豆。
いえいえ!人見知りなんです笑コイツ
やっぱり女の人は怖い。動かしたくても口が開かなかった。豆が庇ってくれて助かった。
あなた

す、すみ、、ません、

精一杯、力を振り絞ってそう言った。スアさんはいい人に違いないのにこんな対応になってしまって罪悪感でいっぱいになる。
白岩瑠姫
白岩瑠姫
え?くれん?人見知りなの?
けいご
けいご
はい!いつもの性格からは想像できないですけどね笑(汗
白岩瑠姫
白岩瑠姫
え、あ、そーなんだ
(過去になんかあったのかな、、、男子校に入った理由とかも聞いてないし、、)
つるぼー
つるぼー
じゃ!とりま今日は先に帰りまーす!スアさんも失礼しまーす
瑠姫の彼女
瑠姫の彼女
ばいばーい👋
あんなかわいい人だったんだ、、、




先輩の彼女、先輩の彼女、先輩の彼女、、、、、




あたしには到底無理だ。






































ーーーでも、あと少しだけ。もう少しだけ好きでいてもいいですか?












ーーーーー



こんばんは〜かにかまですっ💎

今日はあと2話くらい書こっかな〜

イッポングランプリ始まっちゃった!


待っててね!