無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3話
『遊んでないでないでアップして。』

着替えてから体育館に入れば、何故か、
取っ組み合いをしている晴人と工藤とレン先輩。

「遊んでねえ、こいつが…」

「はぁ?こいつって、コウてめぇ俺先輩だぞ!」

あなたは威厳が無いからしょうがないでしょう。

「はははっ、依、お前も混ざるか?」

何笑ってんのよ。あんたキャプテンですけど?

『今すぐやめて、アップに行く!』

「えー、じゃあ俺依ちゃんと見学ー」

「チッ。じゃあ俺も」

「え、じゃあ俺も…嘘ですごめんなさい。」

しょうがない、物で釣ろう。

『1番頑張った人が好き…

「「「俺だな」」」

…かも』

まだ途中だったけど、まぁいいか。

その日、彼ら以外の部員は、
依を“天使”ではなく“小悪魔”と呼びましたとさ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

as
as
16/like THE RAMPAGE/LDH ○インスタにて短編ストーリー投稿中. ○Instagram account for story→ as.81.03
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る