無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第50話

番外編〈呼びかた〉
コウ)・・・。(突然のハグ)


依)あの…工藤?はずかしいんだけど…ここ教室!


コウ)(そういや……)


依)ちょっと聞いてる?


コウ)なまえ。


依)え?


コウ)名前で呼んでみて。


依)・・・ムリ


コウ)なんで、理由は?…俺の名前、、知ってる?


依)知ってるから!


コウ)じゃあなんで?
依ちゃん、俺のことずっと名字で呼んでるよね。


依)そ、それは、今さら変なカンジっていうか…
中学からこの呼び方だし…


コウ)でも俺ら今付き合ってるよね?


依)(え、こわいんだけど) …付き合ってます (視線逸らす)


コウ)なら変じゃないよね?呼べるよね?


依)(うぅっ……むりぃぃはずかしぃ)///


コウ)(やっぱダメかなぁ…)


依)(あ、、ちょっと寂しそう…)


コウ)無理だったらいいや、ごめんね?(離れる)


依)(もう、どーにでもなれっ!)

っ…コウ!


コウ)! ////…っ、不意打ちはだめだよ、依ちゃん
(抱き締める)


依)恥ずかしい…!


コウ)もっと恥ずかしがってもいいけど、
俺の前だけにしてね


依)…はい
(なんでこんな照れるセリフをまじめに言えるんだろ…)


コウ)ね、もっかい言って


依)、、コウ。


コウ)(依の頬を包んでキスする)


依)んっ!?!


コウ)…ごめんつい?


依)っく〜ど〜う〜!!教室だって言ったでしょ!


コウ)(あーあ、戻っちゃった)
でも、最初から見られてたよ


依)・・・え、?


コウ)(教室の後ろのドアを開ける)


バスケ部)(急にドアが開き、倒れてくる)
おわぁっ!!……ハハ、わり。w


依)っーーーー!!!!(言葉にならない悲鳴)


コウ)もうこれ以上見んな(ドア閉める)


バスケ部)(へーへー、わぁーってますよ!)
(ほんと、独占欲の塊w)



コウ)(あ、依の恥ずかしさで泣きそうな顔ヤバイ
⚠︎俺の理性が)


依)〜〜!(あーもうヤダ、部活行きたくないっ)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

as
as
16/like THE RAMPAGE/LDH ○インスタにて短編ストーリー投稿中. ○Instagram account for story→ as.81.03
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る