無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第29話

28話
そして、ストレッチ、モップがけ、片付け、
ミーティングをし、体育館を出て旅館に戻った。

お風呂に入り、おいしい夕飯を食べ、
消灯時間までの自由時間を楽しみ、1日目を終えた。


翌日の朝。
マネージャーは、多分起きていないであろう部員を
起こしに行かないといけない。

…これが大変なんだよな。寝起きが悪いし。

『起きろー』
「起きろー!」

「ん…」とか「あぁ?」とか言って起きない。
ので、蹴っていく。(軽くね)

「ぅ、…」
「いてぇ」

「起きろ、バカ共ー!」いいぞ、なっちゃん!

と、少々雑に起こしていく。
2年はなんとか全員起こした…疲れた。


そしてこのあと、
まさか奏真にあんなことされるなんて…

誰も知らない。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

as
as
16/like THE RAMPAGE/LDH ○インスタにて短編ストーリー投稿中. ○Instagram account for story→ as.81.03
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る