無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

22話
am11:30

「いってぇー」
「わ、バカバカ、押しすぎだって」
「痛ぇ」

午前の練習は終わり、ただ今ストレッチ中。
というか、叫びまくってる。

男子ってやっぱり体かたいんだ…。

「依〜!ちょい来てー!」

『晴人?』

声は聞こえるけど、一体どこに…あ、いた。

「なに?」

『わりーけど、押してくんね?』

そう言われて、背中を押す。
おぉ、晴人は柔らかいほうみたいだ。
だんだんと面白くなってきて、力強く押してみる。

「依、おーまーえー!楽しんでるだろ!」

『ばれた』

「ばれた、じゃねぇ!いてぇよ!
んな可愛く言ったって無駄だからな!」

『か、かわ…』

油断した隙に晴人が立ち上がって私を睨む。
…逃げろ。と、本能が言ったので、逃げる。

「待て、依っ!」

絶対、捕まったらオワリだ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

as
as
16/like THE RAMPAGE/LDH ○インスタにて短編ストーリー投稿中. ○Instagram account for story→ as.81.03
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る