無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第41話

40話
「ねえ、依!ビーチバレーしよっ!」

みんながかき氷を食べ終えたのを見計らったなっちゃんがそう提案して、みんなで一緒にやることに。

「行くよーっ!」

なっちゃんの綺麗なジャンプサーブで始まる。
ちなみに私はなっちゃんと残念ながら敵チーム。

「俺様の超スーパーサーブ!」

意味わからないことを言いながら涼太が打ってくる。

それを「はっ」と軽く笑い、私の真上に上げた工藤。

「あっ、コウてめっ!」

「ヘタクソ。」

「ちょ、バカバカ!依上手いから、構えろって!」

焦るなっちゃんが工藤に詰め寄る涼太に声をかける。

え?と言う涼太の空いたスペースにスパイクを打つ。
涼太は間に合わず、ボールは落ち、得点に。

「「だぁあっ!!」」

「「「おぉ!よっしゃあ!」」」
「おー。依うまーい。」

『ありがと』

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

as
as
16/like THE RAMPAGE/LDH ○インスタにて短編ストーリー投稿中. ○Instagram account for story→ as.81.03
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る