無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第37話

36話
______
___

「「海だーーー!」」

見たらわかるって…。

「依となっちゃん、水着は?」

隣に並んだ晴人が聞いてきた。

『水着なんて持ってるわけ…』

そこまで言いかけて、なっちゃんが私の声に被せた。

「安心しろ、私は2着持っているぞ、晴人!」

『っ、ちょっと!』

なんで持ってるのよ!

「さすが、なっちゃん。」

ねえ、そこで結束するのやめてくれないかな。

「「え、マネージャー、水着なの?!」」

「任せて!」

部員の問いかけに
グッ、とポーズを決めてみせるなっちゃん。

『私、パスする』

「ダメ」

即、却下ですか。

「安心して。かわいいやつだから」

別に心配してないし。
あとそれは、ありがとう、なのか…?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

as
as
16/like THE RAMPAGE/LDH ○インスタにて短編ストーリー投稿中. ○Instagram account for story→ as.81.03
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る