無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

6話
「依ちゃんって、誰がスキなの?」

聞かれた瞬間、バッと顔を上げて先輩を見た。
少しずつ大きくなっていく心音。

『 』

「わぁ、すっごい間」

笑いながらそう言ったレン先輩。

『、急にですか』

ものすごく焦っている自分がいる。

「うん」

『そんなのいないに…』

「依ちゃんが気づいてないだけだよ」

『何言ってるんですか』

「楽しみだね」

絶対思ってないよ、この人…

『別に好きなんて…』

「こりゃ、合宿が大変だな」

がっしゅく?gassyuku?

『合宿っ?!』

「あれ、聞いてなかったの?」

聞いたけど、テストのことばっかりで…忘れてた…。

『い、行くんですか』

「行かないよ」

ははは、と笑った先輩。そうだよね、卒部してるし。


『私も行きたくない…』

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

as
as
16/like THE RAMPAGE/LDH ○インスタにて短編ストーリー投稿中. ○Instagram account for story→ as.81.03
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る