無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

15話
「っ着いたぜー!」

晴人がバスから降りて開口一番に叫ぶ。

「「「おぉー!」」」

…うちの部員はみんなバカかもしれない。
(今さら再確認してしまった。)

私はというと、バスの中を点検して最後に降りる。

「依先輩。毎年ここに来るんですか?」

『そっか、奏真たち1年は初めてなんだよね。
うん、毎年ここの旅館にお世話になってる』

実はOBの実家らしく3年前から合宿先はここらしい。
近くに市民体育館もあり、海もあるため、最高!と
顧問と部員は揃って言っていた。
海は…遊ぶため、だよね絶対。

「楽しみっすね、依先輩!」

『、、意外と、地獄かもね』

「な、なんすか地獄って…。」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

as
as
○Age/16 ○Love/THE RAMPAGE , LDH ○インスタにて短編ストーリー投稿中.  Instagram account for story→ as.81.03
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る