無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

10話
とりあえず、レン先輩に言われた話とか
聞かれたことには一応答えた。

「聞けば聞くほど、依が憎らしく…」

私のほっぺをつまみながら、なっちゃんが言った。

「まぁ、私はそんな依が好きだけど」

『ありがと。私もなっちゃん好き』

やっと解放されたほっぺをさすりながらそう言えば、
今度はほっぺを挟まれた。

『いひゃい』※いたい

「あんたまさか、今みたいなこと言ってない?」

『・・・』

思い当たる出来事がなくも…ない。

「言ったのね?!」

『はにゃひへ』※はなして

「依ってば、
私の知らないところで天然たらしだったのね」

『ひひょ』※ひど

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

as
as
16/like THE RAMPAGE/LDH ○インスタにて短編ストーリー投稿中. ○Instagram account for story→ as.81.03
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る