無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

21話
『ほら、なっちゃん持って。行くよ』

「あ、うん!」

ボトルを並べて、タオルをそれぞれに渡す。

「ありがと、依。」

『晴人、あんまりきつそうじゃないね』

「まーな!2年目だし、キャプテンだし?」

『無駄に体力ありそうだし?』

「ひっでぇ!」

ドリンクを飲んでそう言った後、
コートにいる1年に駆け寄って行った晴人。

「やっぱキャプテンって感じね、
みんなをまとめるのが一番上手い。」

『リーダーシップがあるよね。カリスマ性みたいな』

そう言えば、なっちゃんは急にこっちを向いた。

「ほぇー、意外とそーゆうこと言うのね、依。」

『…私だって、褒めるよ。失礼な。』

「いや、いつも塩対応ってか、そっけないじゃん?」

『…でも、みんな好きだよ。バスケ部みんな』

「っ〜!依、やっぱ天然たらしよ。危険。」

……ナゼ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

as
as
16/like THE RAMPAGE/LDH ○インスタにて短編ストーリー投稿中. ○Instagram account for story→ as.81.03
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る