無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

222
2021/04/05

第8話

合コン
最近、昼休みは教室で治達と過ごすか体育館でバレーするかという2択。

あなた「バレーしてくるわ〜」

治「バレー馬鹿やな」

あなた「るっさい!早く侑に追いつきたいんや」

そう言って席を立った時–––––

藤原「あ、ねぇ北さんっ!!」

あなた「藤原さん、何か用か?」

藤原さんって確か…クラスの中心の子だよなぁ。

小林「私達、今日の放課後合コン行くんやけど…1人人手足りなくてな!北さん来てくれへん?!」

合コン?って…何や。

治「合コンとは…まぁ簡単に男女の出会いの場やな。男女同じ数で知らん奴と過ごす感じやと思うわ」

角名「合コンは合同コンパの略称…だって」

角名はスマホをそそくさと取り出して私の前に見せる。

井上「えー!もしかして北さん合コン知らへんの?!」

あなた「ごめん…知らんかったわ…。今日はちょっと無理かも」

藤原「何でや?!せっかくの出会いの場やで!!北さん彼氏おらんやろ?!」

彼氏って言ってもそんなのよう分からへん…。

小林「人数合わせに参加して欲しいだけやから!なぁ?!」

あなた「って言っても今日部活あるし–––––––––––––そういうのうちの兄ちゃんが許可取ってくれんのや…」

言わんでもわかる。絶対そうや。

藤原「えーっ、別に部活なんて真面目にやる子なんて今時おらんわ!ちょっとサボるくらいみんなやっとるよ?」

と言われましても…。

井上「てか北さんのお兄ちゃんもしかしてシスコン?!」

はぁ?
何でうちのお兄がそんな言われなあかんわけ?

治の方をチラッと見ると涼しんだ表情でうちを見返すだけやった。

あなた「やっぱり今日は––––」



治「ごめん。今日コイツとデートなんや」




…はぁ?!



あなた「ちょ…ちょっとおさ–––––」


治(ちょっとここは合わせろや)

と言いたげな表情でうちを睨んでくる。


藤原「ええっ?!治と北さん付き合っとるん?!」

これ、うちが聞きたいんだけど…。

治「まぁそういう訳やから、ごめんなぁ」

治は優しい包み込むような笑顔で、でもその笑顔の裏腹には絶対に従わせるといった強い意志が感じられる。

井上「もういいわ!!じゃあ他の子探すし!!」

そうして藤原さん達は出て行った。


あなた「…これめっちゃ噂広まるんちゃう?」

角名「そりゃ学園のアイドル並みだからね…。」

角名がスマホをぽちぽと弄りながら答える。

治「まぁ…俺は別にあなたの彼女で構わんけど?」

あなた「絶対嫌…結婚したら侑と家族やん」

治「また随分先の話やなぁ…俺も北さんと家族とか気まず過ぎて無理やわ」


角名「似たもの同士…気が合いそう」