無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
314
2021/03/30

第1話

プロローグ
あなた「お兄〜!!!」

私のお兄は

お兄「なんや」

とっても完璧で

あなた「掃除、手伝うで!!」

お兄「それよか、自分の部屋の掃除でもして来ぃ」

あなた「はぁい…」

ばあちゃん「あんたのお兄ちゃん、まぁたテスト100点とったんですってねぇ」

テストの成績も優秀なのに

あなた「へぇ!すごいじゃんお兄っ」

お兄「別に特別凄いことじゃないんとちゃうん?学校の期末テストは、習った範囲からしか出ぇへん。授業それなりに聞いとったら誰にでもできる話や」

傲慢な態度取らないし、(正論パンチくらってるけど)



バレーにおいてもテストでも日常生活においても全て完璧。


そんな兄に



尊敬と




ほんの数ミリの




認めて欲しいっちゅう




承認欲求を抱えているんや。



そんな兄の名前は





北信介。



今日もお兄に自慢の妹と認めてもらえる様に頑張ってる。