無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

🥀🦋
涼太
涼太
翔太ー!はぁはぁっ、、どこ行ったんだよ
何時間探しても、翔太は見つからない

こんなどしゃ降りなのに

しかも、暗い
?
やっやめて!っグス助けって、、んック(りょーたぁ)
涼太
涼太
?!翔太?
どこから声がするんだよ、

交差点、、では無い、、

路地裏でもない、、

なら、

ダッ
涼太
涼太
っ、見つけた...おいお前ら何してる
ヤンキー「あ”?何だお前、邪魔すんなよ」
翔太
翔太
はぁはぁっ涼太っ、、、グス
翔太はヤンキー2人に犯されそうになっていた、、いや途中までされていた
涼太
涼太
翔太に触んないでもらってもいいですか?
ヤンキー2「なんでお前に命令されなあかんねん!」
涼太
涼太
っ、触らないでもらってもいいですか?
(圧
涼太
涼太
じゃないとおまわりさん呼びますよ?
ヤンキー「いっ、行くぞ」
翔太
翔太
っはぁはぁっ、、
涼太
涼太
とりあえず、あそこのでっかいトンネル行こ
翔太
翔太
・・・うん
トンネル内・・・
涼太
涼太
ねぇ、翔太
翔太
翔太
っなっなに
涼太
涼太
ごめんね、俺翔太が寄ってきてるのきずいてて気づいてない振りしてたのかも
翔太
翔太
そっか、、
涼太
涼太
だから、、これからはさ、、
涼太は翔太に近づき

キスをした
翔太
翔太
んっ///?!
涼太
涼太
少しづつ触れていくね
翔太
翔太
//////うん
翔太
翔太
あと、俺もごめん
涼太
涼太
え?
翔太
翔太
言い過ぎたから、、
涼太
涼太
全然大丈夫だよ、翔太が全部言ってくれたおかげで自分の悪い所に気づいたんだから
翔太
翔太
そっか、あのさ涼太
涼太
涼太
なに?
翔太
翔太
・・・もっと、、
涼太
涼太
?
翔太
翔太
もっと、グイッ
涼太
涼太
うぉっ
翔太
翔太
ちゅーして【上目遣い】
涼太
涼太
っ///そんなの全然するよ
そして俺たちは、雨が止むまで

愛し合っていた...