無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
14
2021/06/09

第1話

プロローグ


朝起きて、学校に行く用意をしていたはずなのに、気づけば知らない部屋の綺麗な大鏡の前でふかふかとした赤絨毯にへたり込んでいた
神田美羽
どこ、ここ…
服も、鞄も、院を出ようとした時と何も変わらないのに
神田美羽
携帯っ、先生に電話…
ポケットに入れていたスマホの画面に映るのは、「圏外」の二文字
神田美羽
なんで…?
地図も見れないのか、と途方に暮れていると、屋内とは思えない大きさの広間に1つしかない大扉が音を立てて開いた
2人、まず面識のないだろう人が近付いてくる
神田美羽
誰、ですか
言葉が通じる相手でありますように、と願ってあげた声はとても小さくて
届かないだろうから、ともう一度口を開くと
レオナ・キングスカラー
女…?
ラギー・ブッチ
なんでこんなとこにいるんスかねぇ…
今の声が聞こえたの、あんな遠くにいるのに…?
声が低かったから男の人?とても背が高いから大人かも、でも知らない人だし…
混乱しきった頭で考えを巡らせる
レオナ・キングスカラー
おい、名前は?
不機嫌そう、どうしよう、教えなかったら怒るかも、でも、この人は、知らない人…
そう、知らない人だ
神田美羽
知らない人には教えちゃいけないって
レオナ・キングスカラー
あ"?
あ、怒らせたかも…逆光で表情が見えない
足が、手が、震える
帰りたい、あやちゃんといつも通り学校に行くはずだったのに
なんでこんなことになっちゃったの…
じんわりと視界が霞んでいく
ラギー・ブッチ
あ~あ、威圧なんかするから半泣きじゃないっスか…
レオナ・キングスカラー
めんどくせぇな…
一人が屈み、目線を合わせてくる
ラギー・ブッチ
こんにちは、俺はラギー・ブッチっス
こっちはレオナ・キングスカラー
逆光になってて見えなかった顔が、見える
ラギー・ブッチ
おチビさん、お名前は?
この人は、いい人かもしれない…
ちょっとだけ、安心して
神田美羽
美羽みはね神田、美羽かんだ みはね
と答える
ラギー・ブッチ
何歳っスか?
神田美羽
11、小6です
…お兄さんは?
微かに目を見開いた相手が、少し笑って返す
ラギー・ブッチ
俺は17、レオナさんは20…
レオナ・キングスカラー
どこから来た
被せるように強い口調で問われて、少しだけ肩を震わせる
神田美羽
えっと、神戸の…イリエスタ教会…
私だって、分かってた
ラギー・ブッチ
…えっと
名前だって、容姿だって、全部が私に伝えてくる
ラギー・ブッチ
どこっスか、そこ
でも、信じられない
信じたくない
答えを聞いたら、絶望するんだろう
でも、問わずにはいられない
神田美羽
ここは、どこですか
声が震えてる
分かってる、帰ってくる答えはきっと、私の望むものじゃない
レオナ・キングスカラー
ここはNRC
魔法師育成学校だ
もたらされたのは諦めと、確信
ここは、私の、知らない世界だ




はじめまして、理世です
ゲームは始めたばかりのにわかなので、キャラを掴みきれておりません、加えて小説初挑戦、駄文誤字脱字不適切な発言などご容赦ください…💦
ってか、皆様文才ありすぎでは?
他の小説を読むたびに絶望するんですけど…
コメントなどお気軽にどうぞ、お待ちしております!
ほんとに!通知に歓喜して踊る準備は出来てるので!
(厚かましい)
まぁ本編より長くなっても意味ないので、この辺で…
では、また!