第109話

⛄️🖤💚
14,255
2021/02/27 08:46
2/15
お昼時に起こった出来事だった
阿部亮平
阿部亮平
ちょ!あなた!あなた!
え!?
2階から大声であなたを呼ぶあべちゃん
今日は、お仕事であべちゃんとめめ以外はいなかった
なに?!
あなたが急いで2階へ駆け上がると、あべちゃんは部屋に誘導した
…蓮…?
目黒蓮
目黒蓮
……っハァッ…あなた…
あなたが部屋に入るとめめはあべちゃんのベッドの上で汗をかいて苦しそうにしていた
ど、どうしたの!?
あなたはめめの近くへ寄ろうとする
目黒蓮
目黒蓮
ちょっ…来ないでっ!
えっ?
でも…
阿部亮平
阿部亮平
…あなた
阿部亮平
阿部亮平
めめね、あれ飲んじゃったの
あれ?
阿部亮平
阿部亮平
媚薬
あべちゃんが言う言葉にあなたは固まった
び、媚薬?
目黒蓮
目黒蓮
ごめっ…ほんっとに近づかないで…
阿部亮平
阿部亮平
なんかね、樹に貰ったんだって。
疲れてる人に効く薬
阿部亮平
阿部亮平
それが何故か
媚薬だったと…
阿部亮平
阿部亮平
ほんとバカだよね樹
蓮、大丈夫?
目黒蓮
目黒蓮
んっ…だいじょぶ…
目黒蓮
目黒蓮
(あべちゃん…っなんつー媚薬持ってんだァっ…)
と、とりあえず…水…っ
あべちゃんはあなたの腕を持ち、止めた
阿部亮平
阿部亮平
あなた、俺が言うのはおかしいけど
亮平…?
阿部亮平
阿部亮平
今日だけ、許すから
.















阿部亮平
阿部亮平
めめとエッチしてあげて欲しい
--------キリトリ線--------
…え?
阿部亮平
阿部亮平
ごめんね。彼氏が言うのおかしいけど
阿部亮平
阿部亮平
ほんっとに苦しそうだし、どうにかして処理してあげないと…。
阿部亮平
阿部亮平
俺も1回精力剤でやばかったでしょ。それと同じなの
……………
あなたは1度俯き顔を上げあべちゃんの目を見た






あべちゃんは真剣だけど申し訳なさそうな、めめを心配するような目であなたを見ていた
…1回…だけだよ
阿部亮平
阿部亮平
ありがとう。
あなたは、めめのいるベッドに向かい下着姿になる



すると、直ぐにめめに押し倒された
目黒蓮
目黒蓮
…はぁっ…ほんっとごめっ…
大丈夫。蓮、今日だけだから
目黒蓮
目黒蓮
優しく出来ないけど…許してね
んっ…
めめは獲物に食らいつくようなキスをおとす
んっぅっ……//////
あなたは苦しくなり、めめの胸をトントン叩く
(亮平…)
あなたがあべちゃんの方を向くと、あべちゃんはじっと2人の方を見ていた
目黒蓮
目黒蓮
ごめん…あなた
目黒蓮
目黒蓮
もういれるね
分かった…
あなたの下はもう既に濡れていた
目黒蓮
目黒蓮
なんで濡れてんの……
いやっ…これはぁっ…やぁっ…//////
めめが、いれるまえにあなたの中に舌を入れた
ちょっ…っんぁっ…/////蓮っ…//////
目黒蓮
目黒蓮
んっ…っ…舐めても舐めても出てくるよ…/////
やぁだっぁっ…///////
めめは舌を抜き元気になったモノにゴムを付けた
目黒蓮
目黒蓮
はい力抜いて
めめが優しくあなたに微笑みかけると同時に、ズンっとモノが中に入った
ぁっんぁっ…//////れっ…んっぁ///////
目黒蓮
目黒蓮
はぁっ…やばっぃっ……あべちゃん…やばぃかもっ…
阿部亮平
阿部亮平
何がやばいのよ笑
目黒蓮
目黒蓮
気持ちよすぎ…///////
めめはあなたにキスをしながら肌を打ち付け合い音を出す
れんっはげしぃっ…//////
目黒蓮
目黒蓮
ごめっんっ…止まんなぃっ…あ"ぁ"っ!
ビクンッ////
めめが欲を吐き出すと、同時にあなたも腰を浮かせた
目黒蓮
目黒蓮
はぁ…はぁ…やばぃほんとに…
んぅっ…終わったっ…?…………やっ//////
あぁっ…ちょっ…//////やめっ…まだぁっイッたばぁかっ…///////
りょっへぇっ…!//////
めめが肩で息をしてゴムを外し、あなたも終わったと思い起き上がろうとするとまた誰かに肩を押され押し倒され





中にモノがはいった
阿部亮平
阿部亮平
…ごめんね。
それはあべちゃんのモノだった
阿部亮平
阿部亮平
実は…俺も…飲んでたんだよね…媚薬…んっ
あぁっ…やめってっ…おかしくっ…なるぅっ…/////
あべちゃんは容赦なく打ち付ける
目黒蓮
目黒蓮
…あべちゃん容赦ねぇ笑
阿部亮平
阿部亮平
俺も満たさせてっ…はぁっ…やばぁっ…
あべちゃんはあなたの胸の突起をクリクリと指で回しながら器用につく
んぁっ…らめっ…/////
目黒蓮
目黒蓮
あべちゃん、バックで入れてよ
阿部亮平
阿部亮平
ん…いいよ
えっ…待っへ…今奥はっぁぁぁっ♡/////
あべちゃんはあなたを四つん這いにさせ後ろから一気についた
あぇっ…らめっって…//////ングッ!?
すると、まえにめめが立ち、あなたの口の中にモノが入ってきた
目黒蓮
目黒蓮
俺また勃っちゃったからお願い
んぁっぐっ…んんっ…//////
後ろから激しく突かれ、自然に体が動きめめのモノを喉の奥までくわえてしまう。
目黒蓮
目黒蓮
奥っ…やばぃ…
ん…っ…ぐっ…ジュルッ//////
阿部亮平
阿部亮平
あなた…俺のにも集中してよ。ほら
んにゃぁぁっ…♡//////
あべちゃんがあなたのお尻をペシンと叩くとあなたの中はキュッと締まった
阿部亮平
阿部亮平
やっ…まって…締まったっ…//////やばぃっ…
目黒蓮
目黒蓮
俺ももうやばぃ…
阿部亮平
阿部亮平
あなたイクよっ!
目黒蓮
目黒蓮
俺も…っっ!
〜っっ♡♡/////
あなたは、口にはめめの液がドロドロと流され、後ろではあべちゃんの液がゴム越しにドクドクと波打って出ているのを感じた
--------キリトリ線--------
…はぁ…はぁ…
目黒蓮
目黒蓮
ごめんねあなた
阿部亮平
阿部亮平
俺も、ごめんね
もう、これからはちゃんと瓶の名前見てよ?
阿部亮平
阿部亮平
(あ、そこ?)
目黒蓮
目黒蓮
(なんも怪しいとか思わないんだ)
じゃあ、私お風呂入ってくるから…
そう言ってあなたは部屋を出た






めめとあべちゃんは顔を合わせてクスッと笑った
阿部亮平
阿部亮平
なんか、俺の彼女鈍感なんだわ笑
目黒蓮
目黒蓮
あべちゃん最低だよ笑
阿部亮平
阿部亮平
もう、ヤらせてあげないからね?今日だけだから
目黒蓮
目黒蓮
分かってる。
阿部亮平
阿部亮平
けど、この媚薬凄いでしょ?
目黒蓮
目黒蓮
これどうしたの?
阿部亮平
阿部亮平
ほんとに今日の為だけに樹に借りた笑
阿部亮平
阿部亮平
樹にはあなたに使うの?って言われたから、さぁね?って答えて終わったけど笑
目黒蓮
目黒蓮
ほんと、ありがとうね笑
阿部亮平
阿部亮平
そりゃ、土下座までして、あなたとヤリたい。ちゃんとすることはするからって言われたらね?
目黒蓮
目黒蓮
あべちゃんが、優しくて良かったよ笑
そう言いながら2人は部屋で30分ほど喋っていた


--------キリトリ線--------



作者です。


遅くなりすみません🤧





あなたちゃんがめめあべと3P上手く書けませんでした💦😅

プリ小説オーディオドラマ