第113話

💎が来た(2)
8,519
2021/05/17 03:09
♡
はい、サンドイッチ
京本大我
京本大我
え!めっちゃ美味しそう!
SixTONESの座るテーブルには様々な味のサンドイッチが置かれた
田中樹
田中樹
てかあなたは食べたの?
♡
私もまだ食べてないよ
松村北斗
松村北斗
はい、じゃああーん
♡
あーん
♡
あ、おいしい。
松村北斗
松村北斗
自分で言うなよ笑
北斗はキッチンにいるあなたの元へ行き、1口サイズのサンドイッチをあなたの口の中にいれた
森本慎太郎
森本慎太郎
うーわ!北斗そんなことしてたらあとで怒られるよ!
松村北斗
松村北斗
怒られねぇだろ笑
ジェシー
ジェシー
あべくん優しいけど時々ブラックあべくんになるからなぁAHa!
髙地優吾
髙地優吾
え、でもほんとにうまいよ
♡
そ?良かった
SixTONESはご飯を食べ終えたあと
ジェシー
ジェシー
よっしゃぁ。俺らも練習すっぞ!
SnowManが使っているダンス室に入り練習を始めた
その間あなたはSnowManの洗濯物をたたむ
松村北斗
松村北斗
あれ、あなたって普通にやるんだ
♡
え?なにが?
松村北斗
松村北斗
いや、パンツとか
♡
…慣れたからね。
あなたは休憩にきた北斗に苦笑いで返す
松村北斗
松村北斗
俺のも畳んで欲しいわ
♡
北斗は自分で出来るでしょ
松村北斗
松村北斗
え?なんか憧れるじゃん笑
♡
何に笑
田中樹
田中樹
あなた〜喉乾いた
♡
じゃあ、休憩がてらジュース出そう
あなたは台所に行き冷蔵庫からサイダーを出す
京本大我
京本大我
あ!俺、氷めっちゃ入れて!
松村北斗
松村北斗
それだと味薄くなるだろ
髙地優吾
髙地優吾
俺は氷少なめで〜
♡
注文の多い奴らだ。笑
森本慎太郎
森本慎太郎
手伝うよ
あなたが氷をコップの中に入れていると横から慎太郎がサイダーを注ぐ
♡
ありがとう慎太郎
森本慎太郎
森本慎太郎
んーん。これくらいはしないとね。俺達も任せっきりじゃダメだもん
ジェシー
ジェシー
あ、そろそろ滝沢歌舞伎始まった頃かな
時刻はいつの間にか17時半を指していた
田中樹
田中樹
ほんとだね。
♡
無事に成功しますように
♡
はい、どーぞ
田中樹
田中樹
ありがとう!あなた大好き
♡
はいはい
田中樹
田中樹
…ちょ。
あなたは樹の頭を撫でる
髙地優吾
髙地優吾
え?樹照れてんの?笑
田中樹
田中樹
照れてねぇよ!
森本慎太郎
森本慎太郎
かーわい!樹かわいいー!
松村北斗
松村北斗
あ、あなた、夜ご飯作るよ
♡
え?出来るの?
松村北斗
松村北斗
多分出来る
♡
ありがとう
松村北斗
松村北斗
その間、他のことやっちゃってて
♡
助かる…
その間きょもはずっとサイダーを飲んでいた
切り取り-----


なんだめちゃくちゃな内容になっちゃった

プリ小説オーディオドラマ