無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

『あ』Aぇ!
ーママね、再婚するの。
だから、もうママにあなたは必要ないの。ー


最初は、そんなの冗談だと思った...

でも、、

毎月お金は自由に過ごせるぐらい入れるから

って通帳だけ渡されて

本当に追い出されちゃった。。

行く場所なんて...ないよ...



?「どうしたん?」

怖い...知らない人

『.....』

?「大丈夫やで?」

優しくそんなこと言われたの
何年ぶりやろ...

涙が溢れて止まらない

?「あー!正門くんが女の子泣かせてるー!」

正門「ちゃうわっ!!」

?「おいー正門なにしてんねん!」

そう言いながらわいわい正門くん(?)とかいう人に集まってくる5人の男性

正門「佐野っ!余計なこと言うな!泣かしたんちゃうわっ一人でいたから声かけたら泣いちゃったんや!」

佐野「正門くんが怖かったんすわ。ね?小島くん」

小島「そーなんちゃう?」

?「てきとーやねん!!」

キンキン声のちっさい奇抜な人


しっかり全員を見ると

とても優しそうな正門くん(?)って呼ばれてる人

スタイルがいい佐野(?)って呼ばれてる人

てきとーっていわれてた小島(?)って人

キンキン声のちっさい奇抜さん

めっちゃキャラ濃そうな人

見た目の割に日本語上手すぎる人


なんかよくわかんないけど...

この人たちなら大丈夫かも...

正門「ごめんな!こいつらうるさくて笑
んで、なんかあったん?」

『家が...ありません』

?「家!?」

なんか、キャラ濃そうな人

『母が、再婚して、、私は、もう必要ないって...』

説明すればするほど

涙が止まらなくて...

正門「もう、ええよ?」

?「ひどい話やな...」

見た目の割に日本語上手すぎる人


急に静かになったと思ったら

6人でなんか話してて

「○×△◽︎かな...?」

「.....未成年...」

単語としてしか聞こえないけど

わたしは未成年で、犯罪がどうとか

誘拐とか...

そんな話をしてる

正門くん(?)って人がよってきて

正門「おれらな、シェアハウスしてんねやんか?.......部屋余ってんねんけど...住む?」

あまりの驚きに...

あいた口がふさがらなかった

でも、今の救いは

この優しそうな6人だけで。

『.....住みたいです...』

佐野「よしっ!決定!!!!」

?「ちょーど帰るし、ついてきてっ!」







正門「ついたっ!」

『.....でっっっか。』

正門「さぁ、入ってー」

?「なぁなぁ!自己紹介しよや!!」

奇抜さんがまるで5歳児のように目をキラキラさせながら...笑

なんか、なごむなぁ...

?「よっしゃ!いいなそれ!」

日本語外国人...

正門「最初、お願いしてい?」

『はい...えっと...桜田あなたです。』

佐野「じゃーあなたって呼ぶな?」

『はい...』

正門「じゃー次...俺!」

『はい...』

正門「俺は、正門良規!正門くんとか正門とか言われてるけど.....よしくんって読んで欲しいなぁ...?笑」

『よし...くん.....』

正門「(ズキュンッッ!)」

?「俺は、福本大晴!たいせーでいいで!」

『たいせー...』

福本「よろしくぅ!」

佐野「俺は、佐野晶哉!まさや!」

『ま、まさや。。』

佐野「よろしくね。」

?「俺は、草間リチャード敬太!りちゃでオケ」

『りちゃ...』

草間「いえすっ!」

?「俺は、末澤誠也!せーや!さんはいっ!」

『せーやっ...』

末澤「ばっちぐー」

小島「小島健!呼び方はなんでもええよ!」

『.......』

正門「なんでもいいは困るやろ笑笑」

小島「.......じゃー...ビバ。」

末澤「ビバっ!?!?」

『ビ、ビ、ビバ...。』

小島「よろしくーーー」


佐野「ところでさ!俺らの最初のイメージ、聞かせてよ!」

『イメージ.....?』

草間「絶対やばいやん笑」

正門「聞きたい!」


『よ、よしくんは...優しそうだなって...』

正門「ん♡」

『たいせ、くんは...』

福本「くん禁止や!!笑」

『たいせ.....は...キャラ...濃そうやなって.....』

正門「せいかいっ、」

福本「そー見えるんやな笑」

『りちゃくん...は...』

草間「くん?」

『りちゃは...日本語、上手だなって...』

草間「こう見えて、京都生まれ京都育ち💓」

『...お。』

正門「反応が可愛いな笑」

『まさや.....く.....まさやは...スタイルええなって...』

佐野「ありがとう♡」

『ビバは...特に何も.....』

小島「えぇぇぇええ!?楽しみにしとったのに笑」

佐野「あなたちゃんおもろすぎる!!笑」

末澤「おれはっ!!?(キラキラ)」

『声キンキン...ちっちゃい...奇抜さん...』

一同「wwwwwwwwwwwww」

末澤「おいっ!笑 なんでやねんっ!笑」

『ごめんなさっ』

正門「大丈夫大丈夫wそーゆーキャラやからw」

小島「もう遅いし寝よや」

大晴「そやな!明日仕事の人は?」

佐野以外「はーい🙋‍♀️」

正門「佐野以外やな!」

佐野「あなたちゃんお出かけしよや」

『...でも...ふく...』

佐野「あー、じゃあ、買いに行こや!」

『.....うん。』

正門「パジャマ、ジャージとかでも大丈夫?」

『はい。』

正門「敬語禁止っ!」

『.....うん。』

正門「じゃーとりあえず俺の貸すわな!」

『ありがとう...。』

正門「はいよっ」

一同「じゃ、おやすみーー!!」

『おやすみなさい』



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


長いかな?笑


とりあえず1話無事終了ですっ!

今までのが短編集だったから...

うまくできるかわからないけど、、

よろしくお願いします┏○ペコッ

アドバイスあったらお願いします!


ハート、コメント、リクエスト、

まってます!