無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

『き』Aぇ!
『おはようございます』

草間「おっ!おはよう!」

『起きるの早い...』

草間「癖ついてるねんなー」

『今日は何するんですかっ!』

草間「そろそろ小島の誕生日やねんか、プレゼント買いに行こうと思って!」

『おー👏』

草間「でな、決まりがあるねん。」

『決まり?』

草間「買う人数×2000以上のもので買う!」

『.....じゃあ...12000円以上ってこと?』

草間「そー!で、みんなで割り勘!」

『そんな大事なん2人だけで選んで大丈夫?』

草間「おう!あなたちゃんが決めた方が小島も喜ぶやろってことで!」

『大丈夫かなぁ...がんばるっ』

草間「よし、じゃぁ準備して、行こか!」

『はいっ!』







『20...ですもんね...』

草間「せやねん!20歳!」

『やっぱり時計とかなんかなぁ...』

草間「時計ええやん!行ってみる?」

『はいっ!』





『んーーー...ビバだから...』

草間「(ビバで定着してるんや...w)」

『時計やめよ...』

草間「なんで?」

『ピンと来ない.....ジャケットとかどうかな』

草間「んーたぶんあんまり着やんな...」

『そっか...あっ!お財布!』

草間「あー!そーいえば言っとったで!そろそろ寿命やって!」

『それだっ!』






『ちょっとお高めだけど...これなんかどうかな』

草間「どれどれ?」

『だいたい2万1600円だから...1人4000円ぐらい?3600...』

草間「おお、まぁ、大丈夫やない?」

『じゃあ、これでっ』

ビバに選んだのは

コンパクトに2つ折りできる
シンプルな黒の財布

かと思いきや
ビバだから。って頼めば入れれる紫色のワンポイントいれて!

喜んでくれるかなっ( * ॑꒳ ॑* )♪

誕生日の日まで
楽しみだなぁー




ー夜ー

正門「あなたちゃん後でちょっとええ?」

『あっうんっ』





正門「入るでー?コンコン

『はーい』

正門「小島に何買ったん?」

『お財布っ!1人3600円なんだけど、、大丈夫だったかな?』

正門「おう!大丈夫やで!」

『よかった!』

正門「なぁあなたちゃん.....」

『...?どしたん?』

正門「言ってなかったんやけどな」

『.....うん』

正門「俺らみんな、、親に捨てられたんよ...」








...?




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『き』Aぇ! END


ずっと上げれてなくてごめんなさい😭

部活強化期間で...

ほんとにごめんなさい🙏

次は、Aぇ! の知られざる過k...

ここまでにしておきます!

それでは、また次回もよろしくお願いします!


Aぇ!