無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12.
あなた
今思い出してもダメなのに...(´;ω;`)
そらちぃ
そんなことない!
あなた
ううん、私は皆に最低なことしちゃった。
エイジ
最低なんて、言うなよ
ツリメ
そーだよ!思い出してくれただけで俺達はうれしいよ?
リクヲ
泣かないで、あなた
いつも、自分を責める。
本当に変わってないな。
エイジ
俺はあなたがいるだけでいいんだよ?
そらちぃ
皆そう思ってる、
リクヲ
だからもう泣かないで?
あなた
本当に、本当にいいの?
ツリメ
覚えてる?俺ら約束したじゃん!
あなた
覚えてる...(* ´ ꒳ `* )
そうだ
アバンとあなた
何があっても信じあおう。5人で1人。
みっくんが決めた約束
そらちぃ
俺達、やっぱ5人じゃなきゃダメなんだよ?笑笑
あなた
そら、、
ツリメ
これで一件落着だね!(≧∇≦)
あなた
みんな!本当にありがとう!!大好き!!
その夜俺らはずっと昔の話をして盛り上がった。
でも、本当は二人きりで話したい...
そらちぃ
( ´-` ) .。oO
エイジ
なーなー!1人ずつあなたと話そうよ!
あれ?察しられちゃった?
エイジ
(小声)そらと同じこと考えてたから俺が言ってやった。
そらちぃ
(小声)そりゃ、どーも。笑笑
でも、えいちゃんは絶対返事を聞くだろうな...
俺の恋終わった。
あなた
いいよ!
エイジ
しゃっ!俺一番〜
あなた
喜び方変わらないね?笑
エイジ
ささ!皆部屋に戻って!
そらちぃ
へいへい
☁️ 作者 ☁️

だいたい20話以下で終わらせたいので展開はやめです🙇
次で完結です。