無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5.
U-FES.リハーサル

今日ついにあなたと会う。
楽しみだけどちょっと怖い。
でもなんで俺たちのこと知ってるのに今回のゲスト出てくれたんだろう?
消えた日から今まで連絡も取れなかったってことは会いたくないはずなのに...

そんなことを思いながら楽屋につく。

俺達は当日お世話になる人達全員に挨拶にまわった。
リクヲ
あなたの楽屋は最後にしよ、?
ツリメ
そーだね!
30分かけてみんなの楽屋をまわり終わった。
最後はあなたの楽屋...

コンコン
あなた
はい!どうぞ!
ツリメ
失礼します!
ガチャ

とりあえず最初は挨拶をしとこう。
ツリメ
どうもアバンティーズです!
あなた
初めまして!あなたです!いつも動画見てます!よろしくお願いします!
え?今俺たちにはじめましてって言った?
なんで?雰囲気変わりすぎて忘れちゃった?
ツリメ
あなただよね!
あなた
う、ん?
最初からタメって感じですか...?分かりました!
ツリメ
え、
あなた
まー、同い年ですもんね!改めましてよろしく!
やっぱりおかしい、あの時のあなたじゃない。
どうしちゃったの?
スタッフ
あなたさんお願いしまーす!
あなた
はい!!
ごめん、呼ばれちゃったから行くね!
リクヲ
う、うん。
あなた
皆の事はあだ名で呼んでもいい?
ツリメ
うん?!
あなた
ありがと!また後でね!
ガチャ

その後俺たち4人は誰も口を開こうとはしなかった。

楽屋に戻る

最初に口を開いたのはみっくんだった。
ツリメ
ね、あの人あなただよね、?
リクヲ
それは確かなんだけど、まるで俺たちの事初めて見た人みたいに振舞ってた。
そらちぃ
うん、
ツリメ
なんでだろう?
リクヲ
俺達のこと忘れちゃったとか、?
エイジ
そうしか考えられない。
リクヲ
えいちゃん、、
本当に忘れちゃったの?ねー、誰か教えてよ!!!

俺とえいちゃんはリハーサル前なのに泣いていた。
それを気遣ってくれたのかりっくんとみっくんだけがリハーサルに行った。

そしてリハーサルが終わる。

帰る準備をしていた時だった。
あの人が現れたのは...

トントン
ツリメ
はい!
失礼します
そこに立っていたのはあなたの母親だった。
ツリメ
あなたのお母さん?!
母(あなたの)
久しぶりみんな。今日はねみんなに話さないと行けないことがあるの。
リクヲ
あなたのことですか?
母(あなたの)
そーよ、長くなるけどいい?
ツリメ
はい!
そらちぃ
教えてください、、あなたに何があったか!!
ツリメ
そら!落ち着いて!
そらちぃ
ご、ごめん。
俺は椅子に座り興奮した心をおさえた。
だいたい分かったんだ、今から話される内容が。
信じたくなくなる内容だから、俺は無意識に叫んでた。
母(あなたの)
実はあの日...